海外コメンタリー

「MS Office」から「LibreOffice」へ--伊国防省で快調に進むオープンソース化 - (page 3)

Raffaele Mastrolonardo (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2016-07-08 06:00

 実際、LibreItaliaは2015年の秋、LibreOfficeのエバンジェリストを育成するために国防省の職員30名の訓練を実施した。またこれらの職員が、ユーザーに対する新たなソフトウェア支援窓口となるITスタッフを教育する際に協力もした。

 国防省は軍の訓練センターのリソースも活用した。また、LibreItaliaのボランティアは対価の支払いはおろか、旅費の請求もしなかった。Sileo氏によると「訓練活動にコストは一切かからなかった」という。

 実際のところ国防省によると、移行全体で見ても追加投資は、「Microsoft Word 2010」やその他のワープロアプリでODTフォーマットを読み込めるようにするための、ドキュメント管理ソフトウェアのアップグレードに対する4万5000ユーロ(5万ドル)のみだったという。

 LibreDifesaプロジェクトの規模を考えた場合、オープンソースの擁護者が、同プロジェクトはイタリアの公共分野における非プロプライエタリなソフトウェアの普及を後押しし得ると判断したのも納得できる話だ。

 LibreOfficeの開発を主導する団体であるTDFの共同創立者Italo Vignoli氏は、「イタリア国防省のような大規模かつ複雑な組織によるLibreOfficeへの移行の決断は、このソフトウェアがコードの品質やセキュリティ、そして背後にあるコミュニティーという点で成熟したレベルに達したことの表れだと言える」と述べている。

 「これは、多くの公共機関の意思決定者がオープンソースを本気で検討していくうえでの力になると考えている」(Vignoli氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]