編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

ユーザー部門も経営も納得する提案を--オールフラッシュストレージ座談会(2) - (page 2)

吉澤亨史 山田竜司 (編集部)

2016-07-19 07:30

志間氏 今のディスクで満足していますという顧客も結構いらっしゃいますが、今のストレージと同じ価格帯で「フラッシュを使えるとしたら」という提案をします。多くの場合、同じパフォーマンスを出すためには相当のラック数が必要です。たとえば、5ラックが3Uになりますという話をすると、目の色が変わります。

 それはフラッシュのテクノロジの恩恵だと思います。ただ、フラッシュ特有の問題点もあり、それをベンダーがどう担保して、より使いやすいストレージにしていくのかが、工夫のしどころと思います。


ピュア・ストレージ・ジャパン SE部長 志閒義治氏

「速い」だけでは納得しない

――SSDがビジネスやシステム構成に与えるポイントとして、顧客にどのような説明をしているか。

水落氏 実際の顧客との会話で気付いたのは、機能性とフラッシュに対するイメージですね。それをどういう製品に当てはめていくのかという作業になると思います。まずSSDが流行していること、重複排除とデータ圧縮でコストメリットが出せることに加えて、簡単ということがあります。

 やはりストレージはここ20年ほど、RAIDでHDDを並べて大きなキャッシュを積んでといった、ノウハウがさまざまにあったと思います。一方、フラッシュの持つテクノロジとスピード、機能性はRAIDを超えています。極端に言えばボリュームを作ってサーバにアタッチするだけで高速なボリュームが得られるのです。

 そういったシンプルさが、速さとコストメリットに加えてポイントになると思います。これに気付いていない顧客が多い。これはベンダーが啓発していかなければならないことだと思います。それから、フラッシュを導入することによって、顧客のビジネス拡張に付いていけるストレージを実現できるのではないかと思います。実際、納得していただける顧客も多い。

岩野氏 フラッシュの技術は今、シリコンデータセンターができるまでになっています。でも、そういうことを話すと、顧客はちょっと引いてしまうのですね。なぜなら、オールフラッシュにすること自体がハードルの高いことだと思われているわけです。

 そういうときには「今お使いのストレージに段階的にフラッシュを導入できます」と話します。例えば、SSDとHDDを横に並べてプールするというやり方ももちろんありますし、コントローラのキャッシュにフラッシュのプールをつけて、ホストからのI/Oのレスポンスをよくするというものもあります。

 段階的にフラッシュが導入できるというと、顧客のハードルも少し下がって、導入を検討するケースが多い。また、既存のボリュームを柔軟に移行できる点も、顧客がフラッシュを導入してみたいと思われるような、選定のポイントになると思います。

松浦氏 エンドユーザー視点でいくと、われわれの製品がちょっとみなさんと違うのは遅くもできるということです。遅くも使えるので、コンソリデーションしていく中で、より集約度を上げられます。それに、性能をコントロールできるOSのような機能を持っており、それによって値付けをしたり、社内できちんと対価をもらうなり、仕組みを作ることもあるようです。

 あと単純に性能が改善することで運用が楽になる、その辺は多分みなさんもおっしゃっていると思います。ソリッドファイアーの場合、データのアーキテクチャを横にスケールするような仕組みにしたいという顧客が結構います。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]