〝コンバージド基盤化”は大きな潮流だ--ベンダー座談会(2)

松下康之 山田竜司 (編集部) 2016年07月26日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ZDNet Japanの呼びかけに、コンバージドシステムやハイパーコンバージドインフラストラクチャーに関わる5社のベンダーの方々が集まった座談会記事の2回目。(1回目

 今回、参加したのは以下の各社だ。

  • EMCジャパン株式会社 コンバージドプラットフォームディビジョンハイパーコンバージドアプライアンス リード 小川高寛氏
  • 日本オラクル株式会社 クラウド・テクノロジー事業統括 Database & Exadataビジネス推進本部 部長 桑内崇志氏
  • ヴイエムウェア株式会社 チーフエバンジェリスト 桂島航氏
  • ニュータニックス・ジャパン合同会社 SE Manager 露峰光氏
  • シスコシステムズ合同会社 データセンター/バーチャライゼーション事業 部長 石田浩之氏

――では各社の製品や戦略についてもう少し突っ込んで語っていただきましょう。シスコは日本でもハイパーコンバージドインフラストラクチャ製品「HyperFlex」を4月に発表しました。ハイパーコンバージドインフラストラクチャ市場では最新の製品とも言えます。ではどの辺に差別化の要因があるのか、その辺を説明してください。


シスコシステムズ データセンター/バーチャライゼーション事業部長 石田浩之氏

Cisco石田氏 まずこの製品はソフトウェアとハードウエアをシスコが作った製品ということになります。ソフトウェアに関してはSpringPathというベンチャーが作ったものをOEMして使っていますが、その他の管理ツールなどは既存の「Unified Computing System(UCS)」やVMwareの「vCenter」などを使いますので、これまでUCSなどをお使いのお客様には使いやすいのではないかと思います。SpringPathはCiscoが実際に出資をしていまして、今も一緒に開発を行っているという関係になります。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算