編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
海外コメンタリー

アマゾン成功の秘訣は「不可能な目標」と「失敗の繰り返し」

Nick Heath (TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2016-07-14 06:00

 Amazonは世界で最大級の小売業者であり、同時に世界で最も成長が速い企業の1つだ。

 米国時間7月7日にロンドンで開催された「AWS Summit」で、Amazonの何人かの役員は、同社の成功の源泉であり、世界最大級のクラウドプラットフォームに成長した「Amazon Web Services(AWS)」などの実験的試みにつながっている、同社の仕事の進め方についてその一端を明かした。

何度も失敗する

 同社の英国担当マネージャーを務めるDoug Gurr氏は、まず最初に、Amazonの最高経営責任者(CEO)であり創設者であるJeff Bezos氏の言葉を借りて、Amazonは失敗を厭わない文化の上に成り立っていると切り出した。

 同氏は「イノベーションに失敗はつきものであり、われわれは多くの間違いを犯し、多くの失敗をする。そして失敗とイノベーションを見分けられるとは考えていない」と述べている。

 「しかし、だとしてもまったく問題はない。イノベーションに成功すれば、多くの失敗に終わったアイデアの損失以上のものを取り返してくれる」

 Gurr氏は、他の小売店がAmazon.comで商品を販売できるサービス「Amazon マーケットプレイス」を例に挙げた。今では同社のサイトで毎年販売される商品の半分近くが、このサービスを通じて販売されている。

 しかし、現在のAmazonマーケットプレイスは、同様のサービスを作ろうとする最初の試みではなく、4度目か5度目の試みだったという。

 同氏によれば、「Amazon Auctions」と呼ばれる最初の試みでは、一握りの顧客しか集まらず、2番目の試みでも同じようなものだった。

 「Jeffも認めているとおり、確かAmazon Auctionsの顧客は、Jeff本人と、Jeffの兄弟と両親を含めて、7人しかいなかったと思う」(Gurr氏)

 Amazonがその魅力を小規模な小売業者にも広げる方法を見いだし、今日の成功に繋がったのは、そのアイデアを諦めず、サービス展開の試みを繰り返したからでしかない、と同氏は語った。

不可能な目標を設定する

 エジンバラにあるAmazonの研究開発センターは、英国にある3つのセンターのうちの1つで、ドローンを利用した配送サービス「Amazon Prime Air」や、音声制御可能なスマートアシスタント「Alexa」、レコメンデーションエンジンに使用されている人口知能(AI)をはじめとする同社の小売りプラットフォームの中核を構成するテクノロジなどの、最新のベンチャー事業に取り組んでいる。


ドローンを利用した配送サービス「Amazon Prime Air」のビジョン
提供:Amazon

 同センターのディレクターGraeme Smith氏は、ソフトウェアエンジニア、データサイエンティスト、機械学習の専門家の組み合わせから最高の成果を生み出すために同社が採用している仕組みの一端を説明した。

 同社のスタッフは、よくSmith氏が「制約ベース思考」と呼ぶ課題を課されるという。スタッフは、特定の問題やプロジェクトに対するアプローチが、大きく異なる状況ではどう変わるかを想像するよう求められる。

 例えば、時間が6カ月ではなく2週間しかなかったら、どうやってプロジェクトを完了させるか。あるいは、人員が500人ではなく5人しかいなかったら、どのようにアイデアを実現するか。あるいは、無限のコンピューティング能力を持っていたら、どのようにこの仕事にアプローチするか。

 「優れた発想を得る1つの方法のは、制約を加えたり、取り外したりして考えてみることだ。すると、同じ問題をまったく異なる方法で解決しなくてはならなくなる」(Smith氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]