“コンテナの標準化”が企業のソフト会社化を加速する:Linux Foundation幹部

羽野三千世 (編集部) 2016年07月15日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 The Linux Foundationは2015年7月に、コンテナ、クラウド、ウェブスケールITを持つ主力ベンダーが協調してコンテナの標準化を目指す組織「Open Container Initiative(OCI)」を立ち上げた。現在は、Docker、CoreOS、Google、Amazon.com、Microsoft、IBM、Intel、Oracle、Twitter、Facebookなど約50社が参加し、移植性のあるオープンな仕様とランタイムの開発を目指して活動している。7月13~15日に都内で開催されたLinuxカンファレンス「LinuxCon Japan」に合わせて来日したChris Aniszczyk氏に、OCIの取り組みとロードマップについて話を聞いた。

--まず、Linux Foundationの中でのOCIの位置付けを教えてください。


The Linux Foundation Chris Aniszczyk氏

 OCIは、コンテナの“ランタイム”と“イメージ仕様”のスタンダードを定義し、どのクラウド基盤上でも動作する移植性のあるコンテナの実現を目指しています。例えば、Docker、CoreOSなどは現在それぞれ独自のフォーマットで作られていますが、これを標準化すれば、すべてのコンテナがプライベートクラウドであるか、パブリッククラウドであるか、そのインフラを問わず、Amazon Web Services(AWS)でもMicrosoft AzureでもIBMクラウドでも動作し、ユーザーの都合でいつでもクラウドベンダーを移動できるようになるわけですね。

 OCIと技術連携するプロジェクトには、Linux Foundationが1年前に組織した「Cloud Native Computing Foundation(CNCF)」があります。CNCFは、「コンテナパッケージ」「マイクロサービス」「コンテナのダイナミックなスケジュール」の3つのテクノロジにフォーカスし、それらに関連するオープンソースのテクノロジを調和させることをミッションとしています。

--どのような背景でCNCFやOCIが設立されたのですか。

 業界のトレンドとして、今、自動車、医療などの伝統企業がソフトウェア企業になってきています。トヨタ自動車が先日、シリコンバレーで人口知能(AI)技術の新会社を設立しましたよね。AIを提供しないと自動車が売れなくなる、自動運転の技術がないとこの先の市場を生き残れないという経営判断でしょう。自動車の製造業だったトヨタが、自社をソフトウェア会社だと再定義したわけです。あらゆる業界、あらゆる企業でこの流れがすでに起こっていることは皆さんも実感しているでしょう。

 さて、伝統企業がソフトウェア会社にシフトするとき、お手本にしたいのは、Google、Facebook、TwitterなどのウェブスケールITのノウハウです。ウェブスケールITでは、その上で何十億ものコンテナ、ソフトウェアが稼働しています。

 Google、Facebook、Twitterなどの企業は、ソフトウェアで商売をしているわけではなくサービスがビジネスであるため、サービスのインフラ部分のノウハウや技術はオープンソース化していく動きがあります。そのオープンソースプロジェクトを取りまとめ、周辺技術と調和をとり、あらゆる企業で使えるようにしていく存在がCNCF、OCIです。

 例えば、Googleが開発してオープンソース化したコンテナオーケストレーションシステム「Kubernetes」のプロジェクトは、Googleから寄贈され、現在CNCFが主導しています。これは、Googleのサービス内部でコンテナをどう動かしているのか、そのテクノロジを外に持ち出して広く使っていこうという取り組みです。

 加えて、このようにオープンソース化されたコンテナテクノロジは、クラウドベンダーのロックインのない形で利用できるのが理想であり、ユーザーのニーズです。そこで、OCIが標準化に取り組んでいるわけですね。

--コンテナの仕様標準化のロードマップを教えてください。

 OCIでは、ランタイム、イメージの双方とも1カ月に1回のサイクルで新しいバージョンをリリースしていますが、最初の標準仕様が固まるのは2016年第4四半期(10~12月)を予定しています。その後、OCIが認証機関になり、Google、Microsoft、AWS、IBM、その他のホスティングカンパニーに標準仕様をわたして認証します。この作業には数カ月かかるでしょう。

 標準仕様はOCI参加企業の間で協議して決めていくものですが、コンテナに関して、すべてをスタンダート化するのは時期尚早ではないかという意見もあります。また、クラウドをベースにしたポータブルなコンテナを提供していきたいという点では一致しつつも、テクニカルな議論でメンバー全員が合意しているわけではありません。いずれにしろ、標準化は長くかかるプロセスです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]