編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧
日本株展望

米国株高によるリスクオンと円安期待

ZDNet Japan Staff

2016-07-15 11:10

 7月14日の日経平均は4日続伸となり、前日比154円高の1万6385円で引けた。米国株が史上最高値を更新し、ドル円に底入れ感が出てきたことに加え、国内での政策期待の高まりが株価堅調の背景となっている。ただ、週初よりの4日間で日経平均が約1278円上昇してきたことで、短期的な過熱感が相場全体の上値を抑える動きもみられる。

 15日の日本時間5時30分現在、為替は1ドル105.43円、CME日経平均先物(9月限)は1万6540円となっている。このことについて、楽天証券経済研究所シニアグローバルストラテジストの香川睦氏の見解を紹介する。

米国株高、ドル円反発、政策期待が日経平均上昇の要因

 7月11日週の日経平均の上昇は、8日に発表された雇用統計(6月分)を受けた米景況感の改善と米国株高、リスクオン(選好)回復を受けたドル円の反発(円安)、国内で高まってきた政策期待などが支えとなっている。

 NYダウ平均は今週、約1年1カ月ぶりに史上最高値を更新。為替相場では、6月24日に一時99円まで下落したドル円が約5円程度戻してきた効果がみてとれる(図表1)。また、先週末の参議院選挙で勝利した安倍政権が、政治基盤の安定をテコに打ち出すとみられる内需喚起策、28~29日に予定されている日銀・金融政策決定会合での追加緩和策への期待が強くなっている。

 日経平均は目先、100日移動平均線(1万6414円)を安定的に上抜けられるか否かが注目される。

図表1:NYダウ平均、ドル円、日経平均

(出所)Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成(7月13日)
(出所)Bloombergのデータより楽天証券経済研究所作成(7月13日)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]