「Windows 10 Anniversary Update」、間もなくリリース--主な新機能を画像でチェック - 13/15

Nick Heath (TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2016-07-26 06:00

セキュリティの強化

 法人顧客は新たなセキュリティ機能を使用できるようになる。2種類ある「Windows 10 Enterprise」エディションのハイエンド版である「Windows 10 Enterprise E5」エディションのサブスクライバーは、オンライン上の脅威や攻撃を検知する「Windows 10 Defender Advanced Threat Protection」(WDATP)を利用できるようになる。

 Windows 10は既に「Windows Defender」というウイルス対策ソフトウェアを搭載しているが、WDATPによって大量のセキュリティデータを分析することで、発生しつつある脅威を特定するとともに、攻撃への対処方法を示唆できるようになる。WDATPはローンチに先立って300社以上の企業でテストされてきている。

 長い間待ち望まれてきた機能である「Enterprise Data Protection」も「Windows Information Protection」という名称に変更され、今回のアップデートに搭載される。

 この機能は、不慮のデータ漏えいを抑止するために、コンテナ化技術を用いてファイルを隔離することで、個人のデータと企業のデータを切り離すとともに、誰がどのファイルにアクセスできるのかといったさまざまな統制を可能にするものだ。

セキュリティの強化

 法人顧客は新たなセキュリティ機能を使用できるようになる。2種類ある「Windows 10 Enterprise」エディションのハイエンド版である「Windows 10 Enterprise E5」エディションのサブスクライバーは、オンライン上の脅威や攻撃を検知する「Windows 10 Defender Advanced Threat Protection」(WDATP)を利用できるようになる。

 Windows 10は既に「Windows Defender」というウイルス対策ソフトウェアを搭載しているが、WDATPによって大量のセキュリティデータを分析することで、発生しつつある脅威を特定するとともに、攻撃への対処方法を示唆できるようになる。WDATPはローンチに先立って300社以上の企業でテストされてきている。

 長い間待ち望まれてきた機能である「Enterprise Data Protection」も「Windows Information Protection」という名称に変更され、今回のアップデートに搭載される。

 この機能は、不慮のデータ漏えいを抑止するために、コンテナ化技術を用いてファイルを隔離することで、個人のデータと企業のデータを切り離すとともに、誰がどのファイルにアクセスできるのかといったさまざまな統制を可能にするものだ。

提供:Microsoft

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]