編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

マイクロソフト、アポイントメント管理サービス「Bookings」を発表

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦

2016-07-21 11:30

 Microsoftの「Outlook」チームが、セルフサービス型のアポイントメント管理サービスを新たに開発した。

 「Bookings」と呼ばれるこのサービスでは、さまざまなデバイスからオンラインで直接アポイントメントを取り、一元管理されたカレンダーに表示できる。また、メールでの確認、スケジュールの再調整、予定のキャンセルができるほか、他のスタッフにアポイントメントを割り当てなおしたり、一元管理された顧客リストに顧客を追加したりすることも可能だ。顧客は「Office 365」のサブスクリプションユーザーでなくても、Bookingsを使ってアポイントメントを取得できる。


提供:Microsoft

 米国時間7月20日に行われた発表の際に、Microsoftの担当者は同サービスについて、「Office 365 Business Premium」ユーザーにのみ提供されると語っている。

 Business Premiumは、中小企業向けにMicrosoftが提供している最も包括的なOffice 356のサブスクリプションプランだ。料金は月ごとの契約ではユーザー1人あたり15ドル(日本での価格は1630円)で、年間契約ならユーザー1人あたり月額12.50ドル(日本では1360円)になる。Business Premiumに加入すれば、1ユーザーにつきPCとMacを合わせて最大5台のマシンに「Office」アプリケーションをフルインストールできるほか、「Exchange Online」「Skype for Business Online」「SharePoint Online」、そしてエンタープライズ向けソーシャルネットワークの「Yammer」を利用できる。また、クラウドストレージ「OneDrive for Business」の容量1Tバイト分が追加料金なしで提供される。

 Bookingsはすでに「先行リリース」オプションを利用しているOffice 365 Business Premiumのユーザー向けの提供が20日から始まっている。また、「今後数カ月中」には世界中すべてのBusiness Premiumユーザーに提供される予定だと、担当者は述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  2. 経営

    迫られる改正電子帳簿保存法対応--中小・中堅企業に最適な簡単&現実的な運用方法とは

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. 運用管理

    5G時代におけるクラウドサービスの問題点、通信の最適化・高速化を実現する「MEC」の活用事例を紹介

  5. コミュニケーション

    情報が見つからない&更新が進まないFAQページは絶対NG!効果的なFAQを作成・運用するために

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]