座談会@ZDNet

日本企業による海外展開の実情--ITベンダー座談会 - (page 3)

吉澤亨史 怒賀新也 (編集部)

2016-07-27 07:00

プロトコルという壁の存在

ZDNet 本社と現地法人間のコミュニケーションの話題が出ました。それを解決するために何か施策などはありますか。

岩野(NTT Com) 対話方法をどう改善するかです。「英語ができないから対話ができない」わけではなく、コミュニケーションの取り方もバラエティに富んでいます。インド人特有の対話の仕方があるとか、中国人は人の話を聞かないことが多いとか(笑)。ドイツ人なら、基本的に自分の信念を曲げるまでに5回くらい説得しないと聞いてくれないとか、傾向は確かに存在します。

 そこには「プロトコル」があって、それを理解しようとしていないことが、本当の意味での壁になっています。

 プロトコルが分かれば多少は英語が下手でも通じます。ただし、3、4年したら多分自動翻訳機が実用化してきますので、その時には、きちんとプロトコルを合わせられるグローバル人材になっていると単純に思います。

門脇 IBMで1つ面白いのが、コーポレーテッドソーシャルコープ(CSC)という活動です。海外のNPOやNGOに1カ月社員を派遣するというものです。私も、ブラジルのサルバトールというところに1カ月滞在しました。そこは5000人規模のNPOで、病院や学校などを無料で開放しているようなところなのですが、そこで「ファンドレージング」という資金集めをするわけです。ブラジルの政府や企業だけでなく、米国や日本からも集めたいという狙いです。

 そこには、IBMの本当に優秀なトップタレントといわれている人材が、イタリア、中国、マレーシア、アフリカ、日本からも集結して、1カ月にわたり集中的にコンサルティングサービスを展開します。何がいいかというと、NPOの社会貢献もできるし、さまざまな地域でIBMのブランドを確立し、人材育成もできるのです。「ミニグローバル」と言える環境です。そこで課題を共有し、解決していくと自ずと一体感が生まれるのです。

 (第2回に続く)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]