セールスフォース、「Salesforce1」でサポートするAndroid端末を限定へ

Adrian Kingsley-Hughes (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2016-07-22 10:18

 Salesforce.comは2016年10月にリリース予定の「Winter '17」リリースから、「Android」搭載機器向け「Salesforce1」アプリのサポート対象をサムスン製品と「Nexus」製品に限定すると発表した。

 同社の発表によると、現時点で10月に予定しているSalesforce1アプリのWinter '17リリースでは、以下の機器に対するSalesforce1関連のテクニカルサポートやバグ修正、機能強化の提供が行われなくなるという。

  • 「iPhone 5」
  • 「iPhone 5c」
  • 「iPad mini 2」
  • 「iPad mini 3」
  • 「iPad 4」
  • サムスンの「GALAXY S5」と「Galaxy S6」「Galaxy S7」「GALAXY Note 4」、およびGoogleの「Nexus 5X」と「Nexus 6P」以外のAndroid搭載スマートフォン
  • サムスンの「Galaxy Note 10.1」と「Galaxy Tab A 9.7」以外のAndroid搭載タブレット

 旧型の「iOS」搭載機器に対するサポートが終了するのは予想されていたが、Android搭載機器に関してはちょっとした驚きをもって迎えられている。

 Winter '17リリース以降も、Salesforce1のダウンロード可能アプリケーションとモバイルブラウザアプリケーションはサポート対象外の機器上でも動作し続けるが、Salesforceからのサポートは提供されなくなる。

 サポート対象を限定するに至ったのは、Androidが抱える最大の問題、すなわちフラグメンテーション(断片化)にあるという。同社の告知ページには、以下のように記されている。

 「市場に出回っているAndroid機器は多種多様であるため、われわれはAndroid搭載機器向けSalesforce1に対する全体的なユーザーエクスペリエンスの向上に取り組み続けるために、一部のAndroid機器に限定するかたちでサポートに力を入れていく」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]