編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

ゾーホー、OpenStack監視に対応した「OpManager APMプラグイン」最新版

NO BUDGET

2016-07-25 11:13

 ゾーホージャパンは7月20日、IaaS環境構築管理ソフトウェア「OpenStack」環境の監視に対応した「APMプラグイン」の最新版をリリースした。統合監視ソフト「ManageEngine OpManager」のオプションとして提供される。

TechRepublic Japan関連記事

 税別価格は、モニタ数が25件でサポート付きの年間ライセンスが10万4000円から、初年度サポート付きの通常ライセンスが24万9000円から。OpManagerの価格は、監視対象が50端末でサポート付きの年間ライセンスが23万4000円から、初年度サポート付きの通常ライセンスが51万9000円から。

 OpManagerは、サーバとネットワークを監視するためのパッケージソフトウェア。直感的な管理画面で誰でも容易に監視を始められるとしている。仮想/物理サーバ、ネットワーク、サービス、プロセス、性能、Syslog、イベントログなどの監視、障害管理、アラート通知、レポートといった35種類以上の標準機能を利用できる。

 APMプラグインは、OpManagerサーバとあわせて導入することで、統合コンソールからアプリケーションのパフォーマンスを監視するオプション機能。Oracle Database、Microsoft SQL Server、PostgreSQL、Apache HTTP Server、Internet Information Services(IIS)、Tomcatなどの性能を監視できる。

 OpenStackの監視機能が新たに追加されたことで、OpenStack環境で何が起こっているのかを容易に把握可能になり、エンドユーザーに影響がおよぶ前に迅速に是正措置を講じられるようになる。

 APMプラグインでのOpenStack監視機能の概要は以下の通り。

  • OpenStackインスタンスのステータスを把握し、起動、停止、再起動などのアクションを実行
  • OpenStackサービスの情報を把握し、有効化、無効化、削除のアクションを実行
  • 各イメージのステータス、可視性、ディスクフォーマット、サイズなどの情報を把握
  • OpenStackのインスタンスのパフォーマンスやサービスに問題が発生した際、素早くアラームを通知
OpenStackの監視画面
OpenStackの監視画面(ゾーホージャパン提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]