編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

セールスフォース、データセンターのパフォーマンス分析を手がけるCoolanを買収へ

Stephanie Condon (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-07-25 10:17

 データセンターのパフォーマンスを分析、モニタするツールを手がける新興企業Coolanは米国時間7月21日、Salesforce.comによって買収されることをブログで発表した。

 Coolanの共同創業者兼最高経営責任者(CEO)Amir Michael氏は、「買収手続きの完了後、CoolanのチームはSalesforceが世界各地の顧客増加に対応して規模を拡大していくなかで、同社のインフラの最適化を支援することになる」とブログに記している。

 買収条件は明らかにされていない。

TechRepublic Japan関連記事

 Michael氏はCoolanを立ち上げる前、Facebookに籍を置き、顧客のハードウェアやデータセンターに関する電力設計に携わった。「Open Compute Project(OCP)」設立の立役者でもある。同氏は現在でもOCPのリーダーとして活動しており、21日のブログで「OCPでの活動を継続し、ハードウェアのオープン性や効率性、スケーラビリティをさらに追求していく」と述べている。

 Coolanの投資家にはSocial CapitalやNorth Bridge Venture Partnersが名を連ねている。

 Salesforceの中核CRM製品は、同社のデータセンター内で稼働している。Salesforceはクラウドインフラを多様化する計画を推進しているものの、自社インフラに対する投資やサポートを継続していくと表明している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]