編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

Twilio、状態同期インフラ「Twilio Sync」の開発者向けプレビュー版をリリース

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-07-27 11:26

 サービスとしてのコミュニケーション(CaaS)を手がけるクラウド通信企業Twilioは米国時間7月26日、デバイス間で同期を行うアプリの開発を支援するための新たなサービス「Twilio Sync」の開発者向けプレビュー版をリリースしたと発表した。

 Twilio Syncは、クラウドベースの状態同期インフラとして機能する。これを使うことで開発者は、リアルタイムの通信機能を有したクロスプラットフォームアプリを開発できるようになる。またこれは、スタンドアロン型の状態管理システムとして動作するだけでなく、Twilioが提供する音声や動画、IPメッセージングといったAPIと連携できるようにもなっている。

 Twillioは同製品によって、状態同期インフラの自社開発や基本的なバックエンドシステムのカスタマイズが必要な企業に対して、より優れた代替を提供できるとしている。

 「現代のアプリケーションはすべてリアルタイムアプリケーションだ」と述べるTwilioの製品担当バイスプレジデントPatrick Malatack氏は発表のなかで、「TwilioがTwilio Syncによってリアルタイムインフラを整備することで、開発者はユーザーが期待しているクロスプラットフォーム対応の対話的なエクスペリエンスを生み出すことに注力できるようになる」と述べている。

 同社が提供するクラウドベースのコミュニケーションプラットフォームは「Amazon Web Services」(AWS)上で動作し、音声や動画、メッセージングといったモバイルサービスを企業に提供する。

 同社は5月にマーケットプレースを立ち上げるとともに、IBMのWatson部門などへのAPIの提供や、T-Mobileとの提携を発表している。Twilioの製品は現在、UberやBox、OpenTable、EMC、The Coca-Cola Enterprisesといった多くの企業のバックエンドで利用されている。


Twilioの最高経営責任者(CEO)Jeff Lawson氏。
提供:Twilio

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]