Dropboxに企業向け新機能--サブフォルダレベルのアクセス制御など

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2016年07月28日 10時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Dropboxが社内プロジェクト「AdminX」の成果として、新しい企業向け機能群の第1弾を提供する。

 簡単に言うと、同社がやろうとしているのは、企業やチーム向けにDropboxプラットフォームの利便性を高めることだ。Dropboxは管理者ダッシュボードを刷新し、文書の共有や整理、セキュリティをフォルダレベルで制御する機能を強化することによって、それを実現している。

 新機能の中で最も注目に値するのは、管理者がフォルダアクセスをサブフォルダレベルまで制御できる機能だ。つまり、社内外の人間が特定のフォルダを使用する必要がある場合、企業ユーザーはそのフォルダへのアクセスだけを許可することができる。

TechRepublic Japan関連記事

 さらに、管理者は新しい「Admin Console」の単一のチームフォルダ管理ツールによって、誰がどのファイルで共同作業をしているのかを監視できるようになった。同期管理ツールも用意されており、管理者は企業の所有する端末で自動的に同期するコンテンツを制御することができる。

 新しい企業管理グループを通してさらに一元化されたグループ管理ができるようになったほか、より広範なファイルイベントのログ作成によってセキュリティが強化された。まだリリースされていないが、管理者がセキュリティ強化と不正アクセス防止のために、同期する端末の台数を制限できる機能も予定されている。

 広い視点から見ると、これらの新機能はDropboxの体験を強化し、同プラットフォームをより企業にとって使いやすいものにする役目を果たす。クラウドストレージ分野の他の企業と同様、Dropboxも新興企業と従来のテクノロジベンダーの両者との競争に直面している。

 Dropboxはユーザーの生産性と大規模チームにおける共同作業の効率化を目指す新機能群を数週間前に追加したばかりだ。5月にも、企業がDropboxの企業向けクラウドストレージサービスを中核的なITプロセスに簡単に統合できるようにする機能を発表している。さらに、IBMをはじめとする、多数の新しいEMM関連の統合パートナーとの提携も発表した。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算