編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧
調査

事業者側は増、ユーザー側は抑制傾向--IDCのデータセンター投資調査

NO BUDGET

2016-07-29 07:30

 IDC Japanは7月26日、国内のデータセンター(DC)管理者を対象としたアンケート調査の結果を発表した。調査では、建物、電気設備、空調設備、機械設備など主にデータセンターファシリティへの投資やその運用課題などについて質問した。


データセンター投資の増減見込み(今後5年間)

 事業者データセンターでは、57%の管理者が今後5年間にDC投資が増加する見込みと回答したのに対し、企業内DCで投資が増加すると回答したのは27%にとどまった。企業内DCでは、IT資産を事業者DCやクラウド環境へマイグレーションする取り組みが加速しており、自社のDCファシリティへの投資を抑制している。一方、事業者DCではこうしたマイグレーションによって、企業のITインフラを設置するファシリティが必要となり、DC投資の増加につながっている。

 さらに、第3のプラットフォームを利用した新しいデジタル市場の拡大もクラウドサービス需要拡大を加速させており、事業者DC投資の拡大に追い風となっている。

 今回の調査では、DCファシリティ投資や運用に関する取り組みについても調査しており、それによると事業者DCではファシリティ新設/増設の取り組みとともに、既存DCの運用効率化(運用スタッフの削減など)に取り組むケースが多くなっている。DC事業者は、事業者DC間の競争が激化するにつれて、新たなDC建設と既存DCの運用改善を同時に実施しなければならないという、難しい課題に直面していることが分かる。

 同社ITサービスリサーチマネージャーの伊藤未明氏は「近年増加している大規模DCでは、電力コストが運用コストの大部分を占める。DC事業者はこうした大規模DCの省エネ性能向上に取り組むことによって、コスト競争力を強化することが重要である」とコメントしている。

 調査対象は国内のデータセンター管理者321人。内訳は金融機関や製造業などの一般企業が所有する企業内データセンターの管理者が260人、ITサービス事業者や通信サービス事業者などが所有する事業者データセンターの管理者が61人。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]