編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Windows 10 Aniversary Updateの導入を一時延期するには

Ed Bott (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2016-07-29 12:52

 Microsoftのアップデートサーバは米国時間8月2日に、少なくとも30日間以上動作しているWindows 10に対し、「Windows 10 Anniversary Update」(バージョン1607)の提供を開始する。

 アップデート対象のPCは数億台に上るため、このアップデートの配信にはしばらく時間がかかる可能性がある。

 このアップデートはサイズも大きく、3Gバイトもある。ある程度の速度のハードウェアであれば、セットアップにかかる時間は短時間(30分以下)で済むはずだが、アップデートを延期したい場合もあるだろう。たとえばその時期に旅行中で、今は大きなアップデートに対応したくないということもあるかもしれない。あるいは、他の人の様子が見えてくるまでは、自分がアップデートを保留したいという人もいるだろう。

 Windows 10のProエディションまたはEnterpriseエディションを使用している場合、少なくとも4カ月はアップグレードを遅らせることができる。これには、バージョン1511の場合、「設定」>「更新とセキュリティ」>「詳細オプション」で、「アップグレードを延期する」チェックボックスにチェックを入れればいい。このオプションを使用すると、使用しているPCは「Current Branch」(機能アップデートが一般にリリースされると同時に導入される)から「Current Branch for Business」に移行する。このオプションを有効にすると、通常のセキュリティアップデートを受けることはできる一方、大型アップグレードの適用を少なくとも4カ月遅らせることができる。ただしこれが通用するのは、MicrosoftがこのアップデートをCurrent Branch for Businessに提供すると決定するまでだ。

 すでにAnniversary Update使用している場合、このオプションの名称は「機能の更新を延期する」に変わっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]