サイバー保険

経産省のサイバーセキュリティ経営ガイドラインが示す、中小企業に必要な対策

大和田勝 2016年08月10日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 近年、サイバー攻撃の脅威に注目が集まっており、2015年12月には経済産業省および情報処理推進機構(IPA)が「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」(ガイドライン)を公表した。

 サイバー攻撃の標的となる恐れは、必ずしも大企業ばかりとは限らない上、攻撃を一度受ければ顧客・取引先からの信頼の喪失など甚大な損害をもたらす可能性も考えられる。この連載ではサイバー攻撃対策のポイントとともにセキュリティインシデント発生に備えるサイバー保険とは何かや、その活用方法を探る。今回は、近年のサイバー攻撃の実態に加え、中小企業にスコープを絞った対策のポイントをサイバーセキュリティ経営ガイドラインを紐解きながら解説する。

サイバー攻撃とは

(1)サイバー攻撃とは

 サイバー攻撃は、ガイドラインにおいて「コンピュータシステムやネットワークに悪意を持った攻撃者が不正に侵入し、データの窃取・破壊や不正プログラムの実行を行うこと」と定義されている。

 近年、ITの発達に伴い、攻撃手段は多様化・高度化の一途を辿っているが、主な攻撃手段として以下が挙げられる。

主要なサイバー攻撃手段
主要なサイバー攻撃手段

(2)近年におけるサイバー攻撃の傾向

 サイバー攻撃の目的に着目すると、以前は「いたずら」や「能力の誇示」といったものが中心であったが、最近では、「金銭目的」や「組織活動の妨害」に変化しつつある。近年では、企業が保有する情報を暗号化し、復号と引き換えに金銭を要求する「ランサムウェア」と呼ばれるマルウェアを利用した攻撃が登場している。(「ランサム」は英語で身代金の意)。

 これに伴い、攻撃対象も多様化しており、政府機関や大企業だけでなく、例えば中小企業や個人のインターネットバンキング口座から、攻撃者の口座に金銭を振り込ませる不正送金被害も年々増加している。

(3)サイバー攻撃の現状

 「2014年度情報セキュリティ事象被害状況調査」(IPA)によれば、2014年度の1年間にサイバー攻撃に遭遇した企業の割合は15.1%であり、2012年度の同調査と比較して5.5ポイント増加している。図1の通り、DoS攻撃(サービス妨害攻撃)、標的型攻撃によるマルウェア感染の被害が企業規模を問わず多くなっている。

サイバー攻撃の手口(従業員規模別)
サイバー攻撃の手口(従業員規模別)
(出典:IPA「2014年度情報セキュリティ事象被害状況調査」)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算