編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

サウンドハウス、基幹システムとDWHをつなぐデータ連携基盤を構築

NO BUDGET

2016-07-29 16:49

 音響機器通販の大手企業であるサウンドハウスは、顧客情報や販売情報を分析するための情報基盤の構築を検討していた。だが、基幹業務に影響を与えることなく情報を活用するためのデータの切り出し方法や、販売・物流といった基幹システムからデータウェアハウスへデータをロードする際の加工処理を効率良く開発する手段が課題となっていた。

 そこで、効率的なデータ加工や整備を実現可能なツールの導入を検討。2016年2月にアシストが提供するデータ連携ツール「DataSpider Servista」の導入を決定した。

 DataSpider Servistaは、GUIによる高い生産性と操作性により、開発担当者のスキルによるバラつきのない効率の良いシステム開発を実現する。基幹データベースからデータウェアハウスへのデータ抽出処理を自動化し、業務効率の大幅な向上が期待できるとしている。

 今後、データウェアハウス構築におけるデータ連携をはじめとして、DataSpider Servistaをさまざまな用途で活用していく予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]