編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

「Windows 10」無償アップグレード、障がい者支援機能の利用者には引き続き提供

Lance Whitney (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2016-08-02 12:00

 「Windows 7」と「Windows 8.1」のユーザーを対象に実施されていた「Windows 10」への無償アップグレードキャンペーンが7月29日に終了した。だが、Mirosoftはすべての門戸を閉ざしたわけではない。

 今も、ユーザー支援技術を使う人に向けたページにアクセスすると、Windows 10に無償アップグレードできる。

 この無償アップグレードの対象は、画面を見やすくする拡大鏡、テキストを読み上げるナレータ、キーボードショートカットや、スクリーンキーボードなどのユーザー支援の機能を利用するユーザー。Microsoftによれば「身体的、あるいは認知的な困難や障害のあるユーザーに、追加のアクセシビリティを提供するために設計された」技術だという。

 7月29日以降、Windows 10のHomeエディションは119ドル、Proエディションは199ドルで提供されている。

 無償でアップグレードを入手するには、Windows 7あるいはWindows 8.1を搭載する端末から「障碍者向け支援技術製品をご利用のお客様向けWindows 10無償アップグレード」ページにアクセスし、「今すぐアップグレード」ボタンを押す。実行ファイルを走らせ、手順に従ってアップグレードをインストールする。

 Microsoftの広報担当者は米CNETに「かつて発表した通り、ユーザー支援技術を利用する人の無償アップグレード期間を延長した」とコメントを寄せている。これは暗に、この措置が無償アップグレードを逃した、ユーザー支援技術を使わない人たちのための救済策ではないことを示している。

 Microsoftは、ユーザー支援技術を使っている人たち向けの無償アップグレードの終了日を明らかにしていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]