The Weather Company、AirMapと提携--超局地的な気象データをドローン操縦者に提供へ

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2016年08月04日 10時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBM傘下のThe Weather Companyが、ドローンナビゲーションを手がける新興企業AirMapとの提携を発表した。リアルタイムでハイパーローカル(超局地的)な気象データをドローン操縦者に直接提供することが狙いだ。

The Weather CompanyがAirMapと提携

 今回の提携では、The Weather Companyのクラウドベースの気象予報プラットフォームとAirMapの「iOS」向けアプリおよび開発者向けAPIを利用して、気温や降水量、気圧、雲量などの気象データをドローン操縦者が利用できるようにする。

 The Weather Companyを傘下に持つIBMによると、今は米国のドローン業界にとって極めて重要な時期だという。

 米国内での商業用ドローン飛行に関する米連邦航空局(FAA)のガイドライン(パート107と呼ばれる)には、無人航空システム(Unnamed Aircraft System:UAS)の操縦者は飛行開始前に気象予報データを確認しなければならないとされている。

 AirMapの最高経営責任者(CEO)を務めるBen Marcus氏は、「パート107は、視認できる範囲(VLOS)での操縦に関するドローン規制の重大なマイルストーンだ。The Weather Companyのハイパーローカルな気象データがリアルタイムで利用可能になることで、今日のドローン操縦者は危険で過酷な天候を回避できるようになるだろう」と述べている。また、より自律的でVLOSを越えて飛行するドローンの操縦や安全かつ効率的な飛行計画作成に、その気象データは不可欠なものになるだろうとしている。

 FAAは6月、ドローンの商業利用に関する初の公式な規則を発表した。それらの規制は、米国のドローン業界を発展させる、より大規模な取り組みの一環である。しかし、適用範囲が一定の用途のドローン運用に限られている。GoogleやAmazonといった企業が目指すドローン配達サービスについては、今後さらなる規則の策定が必要だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算