編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

The Weather Company、AirMapと提携--超局地的な気象データをドローン操縦者に提供へ

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-08-04 10:48

 IBM傘下のThe Weather Companyが、ドローンナビゲーションを手がける新興企業AirMapとの提携を発表した。リアルタイムでハイパーローカル(超局地的)な気象データをドローン操縦者に直接提供することが狙いだ。

The Weather CompanyがAirMapと提携

 今回の提携では、The Weather Companyのクラウドベースの気象予報プラットフォームとAirMapの「iOS」向けアプリおよび開発者向けAPIを利用して、気温や降水量、気圧、雲量などの気象データをドローン操縦者が利用できるようにする。

 The Weather Companyを傘下に持つIBMによると、今は米国のドローン業界にとって極めて重要な時期だという。

 米国内での商業用ドローン飛行に関する米連邦航空局(FAA)のガイドライン(パート107と呼ばれる)には、無人航空システム(Unnamed Aircraft System:UAS)の操縦者は飛行開始前に気象予報データを確認しなければならないとされている。

 AirMapの最高経営責任者(CEO)を務めるBen Marcus氏は、「パート107は、視認できる範囲(VLOS)での操縦に関するドローン規制の重大なマイルストーンだ。The Weather Companyのハイパーローカルな気象データがリアルタイムで利用可能になることで、今日のドローン操縦者は危険で過酷な天候を回避できるようになるだろう」と述べている。また、より自律的でVLOSを越えて飛行するドローンの操縦や安全かつ効率的な飛行計画作成に、その気象データは不可欠なものになるだろうとしている。

 FAAは6月、ドローンの商業利用に関する初の公式な規則を発表した。それらの規制は、米国のドローン業界を発展させる、より大規模な取り組みの一環である。しかし、適用範囲が一定の用途のドローン運用に限られている。GoogleやAmazonといった企業が目指すドローン配達サービスについては、今後さらなる規則の策定が必要だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]