編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」
海外コメンタリー

サイバー犯罪者のビジネスモデルとして定着するランサムウェア - (page 2)

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2016-08-17 06:30

 PhishMeの最高経営責任者(CEO)Rohyt Belani氏は、「1年前からランサムウェアは懸念すべきトレンドであり、注目度が高まっていた。現在ランサムウェアは完全に確立されたビジネスモデルであり、サイバー犯罪者にとって信頼性の高い収益源となっている。関与する脅威アクターがランサムウェアに関する情報、ツール、リソースを世界中の同業者に販売し、ランサムウェアを合理的な産業としてとらえている」と説明している。

 Belani氏は、「企業が今後も長期間にわたって存在する脅威から身を守るには、これらの攻撃を検知し、報告する人間の要素を強化することが最優先事項だ」と付け加えている。

 それに加えレポートでは、バックドアを設けてセキュリティ侵害を受けたシステムのリモートからの制御、データの窃盗、被害者に対するスパイ行為などを可能にする、リモートアクセス型のトロイの木馬(RAT)の使用頻度が増えていると指摘している。最近では、米国の民主党全国委員会がネットワークに侵入され、データを盗まれた事件でRATが使用されて注目を集めた。

 レポートでは「これらの洗練度は低いが機能が充実したマルウェアユーティリティに関連するリスクは、高度なサイバー犯罪者により頻繁に使用されている点が浮き彫りになっている」と述べられている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]