編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

2016年のSaaS業界--重要トレンド

Charles McLellan (ZDNet UK) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2016-08-09 06:00

 クラウドコンピューティング市場の中でも、サービスとしてのソフトウェア(SaaS)部門は一般によく知られているが、これはユーザーが多いためだ。「Office 365」や「Salesforce」「Box」「Google Apps」などのクラウドアプリケーションを直接利用する経験がある人は多いだろうが、PaaS(サービスとしてのプラットフォーム)を使ってアプリを開発したり、IaaS(サービスとしてのインフラストラクチャ)を使用して、データセンター規模の数の仮想マシンを管理したことのある人の数は少ないだろう。

 Gartnerが2015年版のクラウドコンピューティングのハイプサイクルで、SaaSを「生産性の安定期」(Plateau of Productivity、社会一般への導入を達成したサイクルの最終段階)の近くに置き、「営業支援SaaS」(Sales Force Automation SaaS)はすでにその段階に達したと位置づけたのも驚くべきことではない。


提供:Gartner

 1999年創業のSalesforce.comがSaaS業界で最初の「業界の申し子」であることを考えれば、Gartnerのハイプサイクルで営業支援SaaSがトップに来ているのも当然だろう。Salesforceは今や550億ドル企業であり、MicrosoftやAdobe、SAPなどのソフトウェア大手企業が躍進しているにも関わらず、依然としてエンタープライズ向けSaaS市場の首位にとどまっている。


提供:Synergy Research Group

 Gartnerによれば、2016年には世界全体でのパブリッククラウドサービスの市場規模は2040億ドル(前年比16.5%増)に達するという。「クラウドアプリケーションサービス」(SaaS)は、このうち18.5%(377億ドル相当、前年比20.3%増)を占める。


データ提供:Gartner、グラフ作成:米ZDnet

 Gartnerは発表文の中で、「ソフトウェアベンダーはビジネスモデルをオンプレミス向けのソフトウェアライセンス販売からパブリッククラウドベースの製品に移行しており、この傾向は今後も続く。それに加え、2015年に何社かの大手ソフトウェアベンダーがパブリッククラウド市場に参入したことが、SaaS市場の成長を後押しすると予想される」と述べている。

 この記事では、現在のSaaS市場の重要トレンドについて見ていくことにする。

水平展開型SaaSと垂直展開型SaaS

 SaaSアプリケーションはこれまで、会計および財務、分析およびビジネスインテリジェンス、協調作業、顧客関係管理(CRM)、Eコマース、エンタープライズリソースプランニング(ERP)、人事(HR)、セキュリティなど、幅広いビジネス機能を扱ってきた。これらは、Salesforceに代表される「水平展開型」のSaaSアプリケーションだ。

 しかし、1つのエンタープライズソフトウェアがすべての顧客に適しているとは限らない。例えば医療事業者は、自組織の業務に合わせて作られたクラウドサービスを導入したいと思うかも知れない。また特定市場向けの重要な機能を求めている場合、その分野に詳しい専門的なソフトウェアベンダーが必要となる。

 これが、特定の市場に特有のビジネス課題を解決する「垂直展開型」のSaaSアプリケーションが増えている理由だ。この分野は「業界クラウド」と呼ばれている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]