メリーランド大学、プログラム可能な量子論理ゲートを実現

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2016年08月10日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メリーランド大学の研究者らは、プログラム可能なイオントラップ型量子コンピュータの実現に向けて大きく前進した。


イオントラップ装置の拡大写真
提供:S. Debnath氏およびE. Edwards氏(メリーランド大学の量子合同研究所)

 今回、研究者が作り上げたのは、複数のアルゴリズムを実行できる小規模な量子コンピュータだ。

 このブレークスルーのキーポイントは、ソフトウェアで量子ビット、すなわち「キュービット」をプログラムできるという能力だ。これにより、単一の問題のみに特化した量子コンピュータではなく、汎用目的の量子コンピュータを実現する道が切り開かれたことになる。

 メリーランド大学の量子合同研究所(Joint Quantum Institute)によると、研究者らは5キュービット分のイオンを封じ込めた装置を作成したという。また、同じ方法で100キュービット分まで拡張することが可能だという。詳細については、Natureに掲載された論文で解説されている。

 デジタルコンピュータが計算処理を実行する際に用いる伝統的な1と0とは異なり、キュービットは1と0を重ね合わせた状態そのものを保持できるため、より多くの計算処理を並列して実行できる。

 イオントラップと呼ばれる装置を使えば、イオン化された原子のエネルギー準位として保存されるキュービットを安定したかたちで作り出せることが実証されている。今回、科学者らはパルス光を発生するソフトウェア制御のレーザーを用いて、イオン群をさまざまな組み合わせで量子対にすることで、複数のアルゴリズムを生成できるようにした。また、各キュービットの状態を測定するために、それぞれのイオンから放出される光子を観測できるようにもした。

 論文の第1著者であるShantanu Debnath氏は「キュービットの任意のペアを直接連携させることで、システムを再定義し、任意のアルゴリズムを実装できるようになる」「これはまだ5キュービット分しかないが、同じ技術を適用すれば、より多くのキュービットを実現できる」と述べている。

 メリーランド大学が述べているように、あらゆる量子アルゴリズムには、まずキュービットを特定の状態に設定し、その後一連の量子論理ゲートを動作させ、最後にアルゴリズムからの出力を得るための測定を実施するというプロセスが含まれている。

 この装置はイオンの初期状態を設定するために、波長が異なる複数のレーザー光を使用するとともに、量子論理ゲートを動作させるための別系統のレーザーを使用している。実際のところ、この装置の真のエンジン部分は通常のコンピュータ上で動作しているデータベースだ。このデータベースには、量子論理ゲート(スイッチやトランジスタに相当する部品)を駆動するためのレーザーパルス制御用のパターンが格納されており、量子アルゴリズムの構築を支援するようになっている。

プログラム可能な初のイオントラップ型量子コンピュータモジュールの仕組み

 Debnath氏は「アルゴリズムを、適切なイオンに対する一連のレーザーパルス照射へと還元することで、これらキュービット間の関連を外部から再構成できるようになる。これによって問題をソフトウェア領域のものにできる。こういった柔軟性を有した量子コンピューティングアルゴリズムは、他では見られない」と述べている。

 メリーランド大学は「レーザーをイオンに照射し、イオン内に保持されているキュービット情報に働きかけることで、モジュール内に捕捉されている任意の2つのイオンが強い電気的相互作用を通じて影響を与え合えるようにする。このようにして作り出された『量子もつれ状態』によって、2つのイオンは、あたかも運動エネルギーをやり取りし合って動き続ける「ニュートンのゆりかご」(カチカチ玉)の両端の金属球のように、電気的相互作用を介して相互に連携するようになる」と説明している。

 研究者らが、量子フーリエ変換(QFT)のデモでモジュールをテストしたところ成功率は70%に達し、その他2種類のアルゴリズムのテストでも成功率は90%を超えたという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算