海外コメンタリー

未来のデータセンターを支えるロボット工学 - (page 2)

Bob Violino (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-08-16 06:30

 Kleyman氏は「データセンターインフラを適切に設計すれば、停止時間の削減と、ワークロードの最大化、管理の簡素化、コストの削減が実現できる」と述べている。

 とはいえ、データセンターにおけるロボット工学の採用にはいくつかのリスクも伴う。Kleyman氏は「この種のアーキテクチャにはメリットとほぼ同じくらいのチャレンジも存在する」と述べている。1つには、これが極めて革新的な考えであるため、学習期間を必要とするうえ、未知のものに対するリスクも存在するという点がある。

 また、企業はロボット工学の力を最大限に活用するために、データセンターを大々的に改修する必要が出てくる。現代のラックやサーバ機器は、ロボットによる制御を念頭に置いて設置されているわけではないのだ。

 Kleyman氏は「ロボットがその役割を効率的に果たせるように、配線やネットワーク系統を見直す必要があるだろう」と述べている。これにより事前のコストと投資が発生する。同氏は「投資対効果に見合う適切なユースケースにロボット工学を導入しなければならない理由がここにある」と述べている。

 ただKleyman氏によると、こういったハードルは大手のデータセンター企業やプロバイダーがロボット工学の活用方法の探求をためらう理由とはなっていないという。同氏は、IBMやGoogle、Facebookをはじめとする複数の企業が、ロボット工学を手がける企業と連携し、これら新技術がどういった部分で実際に適用できるのかを見極めようとしていると述べている。

 今後、データセンターにかかわるより多くの企業が効率を向上させるための方法に目を向けるようになるだろう。それとともに、データセンターにおけるロボット工学についての議論が高まっていくはずだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]