Azure導入の勘所

ビジネスのデジタル化とPaaSの関係--クラウドファーストに振り切る価値

高橋秀

2016-08-22 07:00

 前回はクラウドについての認識を見直してクラウドを再学習する必要性や、クラウドのメリットを確認しました。今回は、デジタルビジネスとクラウドというトレンドの話から、ビジネスクラウドとも呼ぶべきハイブリッドクラウドの考え方について整理していきたいと思います。

 いまやあらゆるビジネスがデジタル化している中、デジタルビジネスを実現していく上でクラウドを活用するというのは非常に有効な手段であると同時に、いくつかのチャレンジも内包しています。

 例えば、コストダウンやイノベーション、さまざまな顧客接点における顧客体験管理、すべてをサービス化すること (Everything-as-a-Service)、超大規模な無停止環境、そしてセキュリティとさまざまな種類のクラウドサービス管理です。これらを解決していくにはどのようなものが必要になるのでしょうか。その一つの解がビジネスクラウドと呼ぶべき基盤です。

ビジネスクラウドとは

 ビジネスクラウドは5つの特徴があります。

  • 「Everything-as-a-Service」を実現するため、インフラ、アプリケーション、データ、プロセスを統合
  • 複数のクラウドサービスやオンプレミス環境の把握と透過的な集中管理と自動化
  • パブリッククラウドやプライベートクラウドで稼働するアプリケーションの移行や運用、統制
  • パブリッククラウドによって担保される高いコスト効率
  • リスクを最小化するための強力なガバナンス

 複数のクラウドサービスやオンプレミス環境をハイブリッドで使うことは簡単です。一方、その前提として企業におけるITシステムの在り方や統制されたインフラ運用といった青写真をきちんと描き、企業レベルでの活用に十分耐えうる形で整理されたものでなければビジネスクラウドとは呼べません。

ビジネスクラウドを支える全方位的な施策

 ビジネスクラウドの実現と運用に向けては4つの観点から取り組んでいく必要があります。

クラウド戦略

 ビジネス価値の定義やアプリケーション、サービス、セキュリティ、オンプレミス+クラウドのハイブリッド運用といった観点での戦略立案が主となります。このクラウド戦略立案で特に重要になってくるのがDevOps (ビジネススピードに合わせた開発と運用の連携) と「Everything-as-a-Service (XaaS)」です。

 いずれもクラウドで主に語られるコスト低減に寄与するシナリオだけでなく、利益増大や新しい収益チャネルの創出といったプラスを作るシナリオに影響していきます。例えばDevOpsであれば、機会損失を出さずに新ビジネスをサポートする運用を、クラウドを活用したインフラ拡張といった側面からサポートできます。あるいはXaaSであれば、製品売りからサービス課金モデルへのビジネス転換といった攻めのクラウドに寄与していきます。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]