編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性
Azure導入の勘所

ビジネスのデジタル化とPaaSの関係--クラウドファーストに振り切る価値 - (page 3)

高橋秀

2016-08-22 07:00

 2社目は鉱山を経営しているA社で、A社は当初完全にサイロ化されており、世界中の鉱山ごとにさまざまなベンダーが個別にオンプレミス環境でシステムを導入していました。その結果、必要なデータがなかなか分析できず、鉱山の効率化が大きな課題となりました。そこで、データの収集から分析、現場への還元までの一連のビジネスプロセスをデジタル化し、「デジタル鉱山」を実現するためにビジネスクラウドを構築しました。

 重機や作業員の稼働状況といった鉱山を起点とするデータはすべてMicrosoft Azure上に収集され、分析されています。データは作業員のウェアラブルデバイス向けの情報発信、鉱山管理者向けの管理ダッシュボードといった形で活用され、タイムリーな鉱山管理をデジタルにより実現しました。

 また、このデジタル化により重機の故障予測や作業員の疲労予測が可能になり、故障や事故を未然に防ぐ予測型の運営も可能となりました。


デジタル鉱山管理ダッシュボード画面

デジタル鉱山管理掘削監視画面

デジタル鉱山工員管理画面

 ビジネスクラウド基盤という観点で見てみると、AzureがPaaSとして提供しているIoT関連サービス群を活用しています。同サービス群を活用することで、AMQPやMQTTといった一般的な通信手順により送信されるセンサからのデータ受信 (Event Hub, IoT Hub)、大量データの動的な分析 (Stream Analytics)、データ蓄積 (Data Lake Store, Document DB, SQL Database, SQL Data Warehouse)、分析 (Machine Learning, Data Lake Analytics, HDInsight, Data Factory)、可視化 (Power BI) といった一連のシステムを既存サービスの組み合わせで実現することができます。結果としてシステム全体の品質と開発期間短縮に大きく寄与しています。

まとめ

 今回はビジネスクラウドを実現し、オンプレミス、クラウド (パブリック・プライベート) をハイブリッドし、最適な価値を生み出す手法を解説しました。実際にはさまざまな環境や制約があるため一筋縄ではいかない領域なのですが、ご紹介したリオ・ティントのように思い切りクラウドファーストにかじを取るという意思決定も新しい価値を生み出すためには重要になります。

 さて、前回・今回と、クラウド全体を俯瞰した話をご紹介してきましたので、次回は少し視点を変えて、Azureを活用するために必要な設計の勘所についてご紹介できればと考えています。

高橋秀
アバナード株式会社  ディレクター Japan CTIO (Chief Technology Innovation Officer)
マイクロソフトの最新技術を使ったIT企画、システム開発のエキスパートとして、多くのプロジェクトを担当。現在、日本のCTIO(Chief Technology Innovation Officer)としてグローバルと連携し、アバナードのビジョン「業界をリードするデジタルイノベーター」を実践する、エバンジェリストの職務を担う。1975年東京生まれ。1999年中央大学商学部会計学科卒業。 2016年 Sitecore Technology MVP受賞(2年連続)。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]