編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

HPE、SGIを買収へ--2億7500万ドル

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-08-12 10:37

 Hewlett Packard Enterprise(HPE)は、SGIを2億7500万ドルで買収する予定であることを明らかにした。

 この金額は1株あたり約7.75ドルに相当する。この買収の目的は、HPEのビッグデータ市場およびハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)市場における競争力を強化することだ。米国時間8月11日のSGIの終値は5.99ドルだった。


 近年のSGIはHPC市場を主戦場としており、2016会計年度の売上高は約5億5300万ドルだった。同社は世界に1100人の従業員を抱えている。

 HPEによれば、SGIの買収は同社のデータセンター事業、HPC事業、ビッグデータ事業を補完するものになるという。SGIはHPC向けのサーバ、ストレージ、ソフトウェアを販売していた。

 HPEの計画では、当面は両社の製品ポートフォリオと市場展開戦略の統合が進められることになる。買収成立後1年目は決算に影響しないが、2年目以降は影響が次第に大きくなっていくとしている。買収はHPEの2017年第1会計四半期中に完了する見込みだ。

 近年のSGIの事業は不安定だった。2012会計年度の売上高は7億5300万ドル、2013会計年度は7億6720億ドルだったが、2014会計年度には5億2990万ドルに落ち込んでいる。2014会計年度と2015会計年度に多額の損失を計上したが、2016会計年度には、小幅ながら非GAAPベースでの黒字が予想されていた。

 今回の買収は、波乱が多かったSGIの歴史に幕を引くことになる。SGIは1981年に設立され、3Dグラフィック用のワークステーションで有名になった。しかし1990年代中盤には、3D市場でIntelとMicrosoftの製品を使用したシステムが主流となった。SGIは2009年に倒産してRackable Systemsに買収され、同社がSGIの社名を引き継いだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]