編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

HPE、SGIを買収へ--2億7500万ドル

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-08-12 10:37

 Hewlett Packard Enterprise(HPE)は、SGIを2億7500万ドルで買収する予定であることを明らかにした。

 この金額は1株あたり約7.75ドルに相当する。この買収の目的は、HPEのビッグデータ市場およびハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)市場における競争力を強化することだ。米国時間8月11日のSGIの終値は5.99ドルだった。


 近年のSGIはHPC市場を主戦場としており、2016会計年度の売上高は約5億5300万ドルだった。同社は世界に1100人の従業員を抱えている。

 HPEによれば、SGIの買収は同社のデータセンター事業、HPC事業、ビッグデータ事業を補完するものになるという。SGIはHPC向けのサーバ、ストレージ、ソフトウェアを販売していた。

 HPEの計画では、当面は両社の製品ポートフォリオと市場展開戦略の統合が進められることになる。買収成立後1年目は決算に影響しないが、2年目以降は影響が次第に大きくなっていくとしている。買収はHPEの2017年第1会計四半期中に完了する見込みだ。

 近年のSGIの事業は不安定だった。2012会計年度の売上高は7億5300万ドル、2013会計年度は7億6720億ドルだったが、2014会計年度には5億2990万ドルに落ち込んでいる。2014会計年度と2015会計年度に多額の損失を計上したが、2016会計年度には、小幅ながら非GAAPベースでの黒字が予想されていた。

 今回の買収は、波乱が多かったSGIの歴史に幕を引くことになる。SGIは1981年に設立され、3Dグラフィック用のワークステーションで有名になった。しかし1990年代中盤には、3D市場でIntelとMicrosoftの製品を使用したシステムが主流となった。SGIは2009年に倒産してRackable Systemsに買収され、同社がSGIの社名を引き継いだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]