編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

ミランティスとSUSEが提携発表--エンタープライズLinuxをサポート

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-08-15 11:26

 筆者は「OpenStack」を気に入っているが、このオープンソースのIaaSクラウドのセットアップは容易ではない。そのためRed Hatを含む複数の企業が、セットアップを支援するOpenStackソフトウェアスタックを提供している。Red Hatと同様に、LinuxディストリビューターのSUSEも独自のOpenStack製品群でこのアプローチを試してきた。そのSUSEが、ピュアプレイのOpenStackに特化するMirantisと提携し、「Mirantis OpenStack」のユーザー向けに、SUSEとRed HatのエンタープライズLinuxのサポートを提供すると発表した。

 両社はMirantis OpenStack向けにSUSE Linux Enterprise Server (SLES)の最適化に取り組む。SLESはMirantis OpenStackの開発プラットフォームになる。さらに、SUSEとMirantisは「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)」と「CentOS」のサポートにも取り組む。

 MirantisはSLESとRHEL、CentOSの現行バージョン向けにサポートとパッチ、アップデートを提供する。サブスクリプションは1年間または3年間で、セキュリティなどのアップデートのほか、電子メールと電話による年中無休のサポート(1時間以内のレスポンスタイムを保証)も含まれる。

 Mirantisの共同創設者で最高マーケティング責任者(CMO)を務めるBoris Renski氏は声明の中で、「当社の大規模ユーザーの多くは、2~3種類のLinuxを使用している。今回の提携により、OpenStackユーザーは主要なLinuxディストリビューションのサポートをMirantisから一括で受けられるようになる。さまざまな主要業界で世界中の多くのエンタープライズがSUSEを利用している。SUSEはエンタープライズグレード、高信頼性、確かなサービス品質保証(SLA)を提供するからだ。SUSEとの提携により、Mirantisのユーザーはプライベートクラウド構築の際、そうしたサポートにアクセスできるようになる」と述べた。

 SUSEは独自のOpenStackディストリビューションの提供を終了するわけではない。SUSEの戦略、アライアンス、およびマーケティング担当プレジデントのMichael Miller氏によると、ユーザーは今後も「SUSE OpenStack Cloud」とMirantis OpenStackのどちらかを選ぶことができるという。

 RHEL、SLES、CentOSはすべて人気の高いOpenStackプラットフォームだが、最も人気の高いOpenStack LinuxであるCanonicalの「Ubuntu」は、今回の新しい提携でサポートされていない。OpenStackをサポートする膨大な数の企業の間で、今後も激しいポジション争いが繰り広げられると筆者はみている。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]