セールスフォース、「Inbox Calendar」を発表--CRMと受信トレイ、カレンダーを統合

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2016年08月16日 10時21分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Salesforce.comは米国時間8月15日、顧客関係管理(CRM)と受信トレイ、カレンダーを統合するツール「Salesforce Inbox Calendar」を発表した。営業担当者は同ツールを用いることで、打ち合わせやスケジュールから得られる情報を含めた状況の俯瞰的な把握が可能になる。

Salesforce Inbox Calendar
※クリックすると拡大画像が見られます

 同社は、あらゆる打ち合わせからのCRM関連の情報を網羅するアプリケーションとしてInbox Calendarをリリースする予定だ。また、Inbox Calendarは「Salesforce」および「Salesforce1」と統合される。

 同製品は、Salesforceが2015年6月に買収したTempoの技術を活用した最初の商業製品となる。Tempoはスマートカレンダーアプリ「Tempo Smart Calendar」を開発した企業であり、同社のサービスは6月30日をもって終了している。

 Inbox Calendarの主な特長は以下の通りだ。

  • カレンダーでの各招待において、Salesforceからの顧客データが取得可能であるため、以前の打ち合わせや出席者のデータを活用できる。
  • Inbox Calendarには、「Sales Cloud」からのリード情報やコンタクト情報を連携させるための「Lightning Sync」が搭載されている。
  • 「GoToMeeting」や「Cisco WebEx」といった会議システムを1クリックで呼び出せる。
  • 打ち合わせのメモや記録を、カレンダーから直接Salesforceにアタッチできる。

 Inbox Calendarは、「Salesforce Inbox」のライセンスを保有しているユーザーに10月から無償で提供される。また、Salesforce Inboxは「Gmail」と「Microsoft Outlook」をサポートしており、「iOS」や「Android」「Chrome」を使用しているSales Cloudユーザーに対して1ユーザー当たり月額25ドルで利用可能となっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算