編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

セールスフォース、「Inbox Calendar」を発表--CRMと受信トレイ、カレンダーを統合

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-08-16 10:21

 Salesforce.comは米国時間8月15日、顧客関係管理(CRM)と受信トレイ、カレンダーを統合するツール「Salesforce Inbox Calendar」を発表した。営業担当者は同ツールを用いることで、打ち合わせやスケジュールから得られる情報を含めた状況の俯瞰的な把握が可能になる。

Salesforce Inbox Calendar
※クリックすると拡大画像が見られます

 同社は、あらゆる打ち合わせからのCRM関連の情報を網羅するアプリケーションとしてInbox Calendarをリリースする予定だ。また、Inbox Calendarは「Salesforce」および「Salesforce1」と統合される。

 同製品は、Salesforceが2015年6月に買収したTempoの技術を活用した最初の商業製品となる。Tempoはスマートカレンダーアプリ「Tempo Smart Calendar」を開発した企業であり、同社のサービスは6月30日をもって終了している。

 Inbox Calendarの主な特長は以下の通りだ。

  • カレンダーでの各招待において、Salesforceからの顧客データが取得可能であるため、以前の打ち合わせや出席者のデータを活用できる。
  • Inbox Calendarには、「Sales Cloud」からのリード情報やコンタクト情報を連携させるための「Lightning Sync」が搭載されている。
  • 「GoToMeeting」や「Cisco WebEx」といった会議システムを1クリックで呼び出せる。
  • 打ち合わせのメモや記録を、カレンダーから直接Salesforceにアタッチできる。

 Inbox Calendarは、「Salesforce Inbox」のライセンスを保有しているユーザーに10月から無償で提供される。また、Salesforce Inboxは「Gmail」と「Microsoft Outlook」をサポートしており、「iOS」や「Android」「Chrome」を使用しているSales Cloudユーザーに対して1ユーザー当たり月額25ドルで利用可能となっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]