1000人の法人営業向けにマーケティングオートメーション--近畿日本ツーリスト

NO BUDGET 2016年08月19日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 近畿日本ツーリストは、約1000人の法人営業担当者の営業活動を効率化し、顧客との継続的な関係構築による満足度向上やより付加価値の高い営業活動を実施できるようにするため、マーケティングオートメーションクラウド製品を導入し、デジタルマーケティングの活用を開始した。

 近畿日本ツーリストの法人営業担当者は、これまで電話や直接訪問による営業活動を中心に行っていた。法人向けサービスでは案件ごとにカスタマイズが必要なことから、見込顧客の開発から受注に至るまでの営業プロセスにおいて、より効率的な営業活動に向けて課題があったという。

 また、インターネットからの旅行申し込も増えており、旅行代理店としてデジタル化へのシフトは避けられない環境でもあった。このような状況に対し、顧客との接点を継続的に保ちながら、デジタルマーケティングによるより効率的な営業活動を支援する仕組みが求められていた。

 こうした課題を解決するために今回導入したのが、オラクルのマーケティング業務向けクラウド製品群「Oracle Marketing Cloud」のマーケティングオートメーション製品「Oracle Marketing Automation(Oracle Eloqua)」。近畿日本ツーリストでは、以下の点を評価して採用したとのこと。

  • Oracle Marketing Automationの見込み案件の確度の高さを数値化するスコアリング機能を活用し、見込み案件をセグメンテーションしポイントで分類、判別しやすくすることで、営業が優先的に対応する案件を効率的に精査することが可能
  • Oracle Marketing Automationにより、「どの顧客が何に、どの程度関心を持っているのか」を的確に把握することができるため、顧客が求めている製品情報を適切なタイミングで提供し、近畿日本ツーリストが提供する企業法人向けサービスへの関心と理解を深めることが可能
  • 既存の営業支援を行う自社の基幹システムとOracle Marketing Automationのシームレスな連携が可能な点

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算