編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

進化したAndroidマルウェア「Marcher」、セキュリティアップデート装う

Danny Palmer (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-08-18 08:00

 悪名高き「Marcher」マルウェアが、Androidのファームウェアアップデートを装って新たに出現しているようだ。懐疑心の少ないユーザーに悪意あるソフトウェアをインストールさせるため、サイバー犯罪者がコンスタントに戦術を変えてくる最新の例といえる。

 Marcherマルウェアが最初に出現したのは2013年3月のことだ。以前は偽のAmazonとGoogle Playストアのアプリが拡散の場だった。MarcherがAndroidデバイスにインストールされると、サイバー犯罪者は被害者にバンキングアプリにログインするようアラートを送る(Marcherは他のOSでは確認されていない)。これにより、情報を盗むことができる。

 そして今回、Zscalerのサイバーセキュリティ研究者は、AndroidのファームウェアアップデートにみせかけるというMarcherの最新の汚い手口を発見した。

 まず、感染したHTMLページ上で偽のアラートを表示する。ユーザーに自分のデバイスがコンピュータウイルスとデータ窃盗に脆弱な状態であると警告して、「Firmware_Update.apk」という偽のセキュリティアップデートをインストールするよう呼びかけ、AndroidデバイスをMarcherに感染させようとする。

Marcher Fake update page
提供:Zscaler

 インストールすると、Marcherは感染したAndroidシステムに管理者アクセスを要求する。サイバー犯罪者は裏でデバイスを監視してログインデータを盗む。バンキングアプリや決済アプリだけでなく、「Facebook」「Facebook Messenger」「WhatsApp」「Instagram」「Chrome」「Skype」「Gmail」などのアプリも対象としている。Marcherは、ユーザーがいずれかのアプリを開こうとすると偽のログインページを表示する。

 Marcherが継続的にマルウェアの性質を進化させていることから、Zscalerは「もっとも流行しているAndroidデバイスに対する脅威」としている。AndroidユーザーがMarcherに感染しないための最善の方法として、知らないソースからダウンロードせず、Google Playなど信頼できるストアからのみアプリケーションをダウンロードするようアドバイスしている。

Androidマルウェア「Marcher」
提供:iStock

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]