OpenStackエンジニアに不可欠のスキルは英語力--米Mirantis共同創立者

怒賀新也 (編集部) 2016年08月25日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 OpenStackのディストリービューターである米Mirantisは7月5日に、日本法人ミランティス・ジャパンを設立した。システムインテグレーターのエーピーコミュニケーションズ(APC)の出資も受け、株式会社として新たなスタートを切った。大企業によるOpenStack導入は日本よりも欧米の方が進んでいると言われる中で、クラウド構築のデファクトスタンダードになりつつあるOpenStackをどのように展開していくのか。

 来日したMirantisの共同設立者で最高マーケティング責任者(CMO)のBoris Renski氏と、日本法人社長に就任した磯逸夫氏に話を聞いた。

来日したRenski氏。APCオフィスドアに書かれた「Engenieer Driven」の文字を見て「この会社と組もうと思った」と笑う
来日したRenski氏。APCオフィスドアに書かれた「Engenieer Driven」の文字を見て「この会社と組もうと思った」と笑う

 Renski氏はOpenStackの導入状況について、AT&TやVolkswagenをはじめとした大企業が採用するデファクトになりつつある一方、「今後、より小さな規模の企業への導入が求められる」と指摘。

 その際「ソフトウェアや技術といったものの先にあるビジネスの世界を見据えないといけない」とする。システムインテグレーターとして、NTTなど通信企業向けにOpenStackを導入してきたAPCと、そのあたりの考え方が一致したという。

 OpenStackの導入を難しくしている要因として、テクノロジは6%ほどでしかなく、実際には業務プロセスや人員などの課題が大きいとする。その意味でも、ソフトウェアライセンスの販売で終わらせず、そこからサービスで収益を上げていくような企業を、パートナーとして探していた。

 SI大手と比較して組織が小さく、小回りが利くことも重視した。APCからミランティス・ジャパンに取締役 技術本部長として移った嘉門延親氏も「なぜプライベートクラウドを構築するのか、ゴールを示せなければ(OpenStackは)エンジニアのおもちゃになるだけ」と話す。

簡単な設定でシステムを構築

APCからミランティス・ジャパンに取締役 技術本部長として移った嘉門延親氏
APCからミランティス・ジャパンに取締役 技術本部長として移った嘉門延親氏

 その嘉門氏が実際にMirantisのソフトウェアの優位性を感じたのは、コンポーネントの1つである「Fuel」だという。OpenStackのシステムをコマンドラインを使わずに設定できるというソフトウェアだ。

 これは、ネットワークの設定、vSphereやKVMなど利用するハイパーバイザーの選択、プラグインの導入、ネットワークやコネクションのテストまで、「ポチポチ押す」イメージで設定できると表現する。

 「OpenStackは、さまざまなパーツを集めてなんとなく1つのソフトウェアになっているようなところがあり、手を入れるのが難しい。Fuelはそれを単純化する」(嘉門氏)

 嘉門氏は、日系通信企業のインドネシアの拠点を、Fuelのような仕組みを使わずに、地道にOpenStackのシステムを組んだ経験を振り返る。

 この通信企業は、vSphereの仮想環境を制御するシステムをOpenStackで構築。マルチテナント構成で、テナントセグメント内に物理ファイアウォールと仮想インスタンスが混在する環境を構築した。vSphere上では業務サーバ、監視システム、統合監視、契約管理システムといった仮想マシンが動く。

 OpenStackのコンポーネントとしては、ウェブフロントエンドの「Horizon」、仮想ネットワーク「Nova」、イメージの保管と管理の「Glance」、vSphereとの連携に必要となるブロックストレージボリュームを管理する「Cinder」などを採用した。

 この時と比較すると、Fuelの存在価値を特に感じるという。Fuelをはじめ、アプリケーションライフサイクル管理の「Murano」などは、Mirantisが中心となって開発している。コミュニティーに貢献するソフトウェア開発者は1000人を超えており、OpenStackのソフトウェア開発において、Mirantisは中心的な1社だ。

エンジニアに求められる英語力

 日本でも今後、OpenStackのスキルを持つエンジニアへの需要が高まると考えられるが、具体的にはどんなスキルが求められるのか。Renski氏はキーワードとして、英語力を挙げた。

 「OpenStackはトリッキーな部分もあり、バグもあるためソースコードを読み込まないといけない。重要な情報のほとんどは英語で書かれている」(Renski氏)

 また、コミュニティー内でのコミュニケーションやトレーニングも含めて、英語力が不可欠になっていることや、エンジニアが技術力とセットで英語力を持つ必要性について説明した。

 一方、日本法人社長に就任した磯逸夫氏は「慎重に採用していきたい。OpenStackと言えばMirantisというイメージが付けば、適切な候補者が来てくれる」と話す。

磯逸夫氏はベライゾン・ジャパン社長をはじめ、シスコシステムズなどハードウェアを中心に渡り歩き、Mirantisの日本法人社長に就任した
磯逸夫氏はベライゾン・ジャパン社長をはじめ、シスコシステムズなどハードウェアを中心に渡り歩き、Mirantisの日本法人社長に就任した

 技術力はもちろん、OpenStackや業界の将来に熱意や関心を持っている人が向いているとする。会社設立時は、APCからの4人ほどを含め、10人程度で事業を開始した。

 年に2回のメジャーアップデートを実施するOpenStack周辺は動きも早い。8月初旬には、GoogleとIntel、MirantisがFuelをリライトし、コンテナオーケストレーションエンジンとして「Kubernetes」を組み込むと報じられた。

 Kubernetesはコンテナなどを管理するツールだ。OpenStack上では、Kubernetesによるこうした配備においてDockerコンテナを使用することになる。今回書き換えるKubernetesをベースにしたFuelによって、仮想マシンやコンテナ、ベアメタルシステム向けの単一のプラットフォームを提供し、OpenStackシステムの運用やライフサイクルの管理を動的に制御できるようになるという。

 Renski氏は「コンテナフォーマットの標準としてのDocker、コンテナオーケストレーションの標準としてのKubernetesが登場したことで、分散アプリケーションの運用に向けた一貫した取り組み手法が見えてきた。KubernetesとFuelを結びつけることで、アップデートをより迅速に適用する新たな配備モデルという道がOpenStackの目の前に広がり、顧客は今までよりも迅速に成果を手にできるようになる」と述べている。

 さらに、ミランティスジャパンは8月10日、ドイツのSUSEと協業。Mirantis OpenStackユーザーに対してSUSE Linux Enterprise Linuxをサポートすると発表した。今後、SUSE Linux Enterprise ServerをMirantis OpenStackに最適化し、関連する各オープンソースプロジェクトにコントリビュートする。

 より複雑な仕様に対応できるようになってきているOpenStackと、それをベースにビジネス展開するMirantisの動きには、注視する必要がありそうだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]