Shadow Brokersが公開したハッキングツールとNSAに関連か--スノーデン氏のリーク文書で明らかに

Zack Whittaker (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-08-22 11:00

 NSA(米国家安全保障局)の内部告発者として知られるEdward Snowden氏がリークしたドキュメントのうち、最近公開された文書から、8月中旬に流出したハッキングツールがNSAのものであることが明らかになった。

 「Shadow Brokers」と名乗るグループが、「Equation Group」と呼ばれるハッキング組織が利用しているというマルウェアとツールを公開し、Shadow Brokersはこのマルウェアを、NSAが監視を行うために用いた「サイバー兵器」としていた。

 NSAの元契約職員であるSnowden氏による未公開のドキュメントを保有するInterceptは米国時間8月19日、2つを関連付ける決定的証拠とするものについて報じた

 NSAが使用していた機密のスライド資料の1つに、16文字の文字列「ace02468bdf13579」を使ったマルウェア「兵器」の利用を追跡するようNSAのハッカーに指示しているものがあるが、この文字列はShadow Brokersがリークした多数のプログラムで使用されている。その1つが「SECONDDATE」で、「ウェブリクエストを傍受し、ターゲットとするコンピューターのブラウザをNSAのウェブサーバにリダイレクトするよう設計された」ツールと説明されている。

 NSAの関係者に質問を投げたが、本稿執筆時点で回答は得られていない。

 だが、そもそもShadow Brokersがどうやってマルウェアダンプを公開するに至ったのかという点についてはいまだに不明だ。公開されたマルウェアはどれも非常に有用で、世界有数のファイアウォールとネットワーク機器を貫通できるよう設計されている。

 CiscoとFortinetはともに、自社製品がこのマルウェアの影響を受けることを認めており、自社アプライアンスと技術向けのパッチを準備している。

 NSAのリークは初めてではないが、Snowden氏は間違いなくこの10年で最大のリーク源だ。そのSnowden氏はTwitterで、「NSAマルウェアステージングサーバのハックは、前例がないものではない」と書いている。

 Snowden氏はまた、自身が現在亡命中のロシアがリークの背後にあるかもしれないと匂わせるツイートもしている。

Shadow Brokersが公開したハッキングツールとNSAに関連か--スノーデン氏のリーク文書で明らかに
提供:file photo

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]