編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」
Rethink Internet:インターネット再考

インターネットは次の四半世紀へ(前編)--GoogleやAppleが変えた「本当のもの」 - (page 3)

高橋幸治

2016-09-30 07:00

 カナダのメディア学者であるMarshall McLuhanはその主著「メディア論」の中で、新しい技術が人間と社会にもたらす影響のプロセスについて以下のように記している。

 われわれは、新しい技術とメディアによって、自分自身を増幅し拡張する。そういうメディアや技術は、防腐処理などまったくお構いなしに、社会という身体に加えられる大規模な集団的な外科手術のようなものだ。

 もし手術が必要ならば、手術中に組織全体がどうしても影響を受ける。このことは考慮しなければならないことだ。新しい技術でもって社会に手術を施すとき、一番影響を受けるのは切開された部分ではないからである。切開によって衝撃を受ける個所は麻痺する。変化を受けるのは組織全体なのだ。

 ラジオの効果は視覚に及び、写真の効果は聴覚に及ぶ。新しい衝撃はどれもが感覚全体の間の比率を変化させる。

(Amazon提供)
メディア論の泰斗であるMarshall McLuhanの主著「メディア論」(みすず書房)。「メディアはメッセージである」という有名なテーゼに始まり、「人間の身体および感覚の拡張としてのメディア」を、「テレビ」「貨幣」「衣服」「自動車」などさまざまなトピックを例に論じている(Amazon提供)

 Googleは検索によって情報へのアクセスを迅速化したわけではなく、情報産業の概念、形態、規模を変えた。Amazonは手軽に買い物を楽しめるようにしたわけではなく、商品購入に際しての決断要因を変えた。

 AppleはPCに匹敵する便利な電話を開発したわけでなく、人間の思考と行動のパターン、そして身振りや手振りまでをも変えたのだ。

<後編に続く>
高橋幸治
編集者。日本大学芸術学部文芸学科卒業後、1992年、電通入社。CMプランナー/コピーライターとして活動したのち、1995年、アスキー入社。2001年から2007年まで「MacPower」編集長。2008年、独立。以降、「編集=情報デザイン」をコンセプトに編集長/クリエイティブディレクター/メディアプロデューサーとして企業のメディア戦略などを数多く手がける。「エディターシップの可能性」を探求するミーティングメディア「Editors' Lounge」主宰。本業のかたわら日本大学芸術学部文芸学科、横浜美術大学美術学部にて非常勤講師もつとめる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]