編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

アップル、「macOS Sierra」の最新ベータをリリース

ZDNet Japan Staff

2016-08-23 11:13

 Appleは米国時間8月22日、2016年秋に正式版をリリース予定の次期Mac用OS「macOS Sierra」の最新のベータ版を公開した。開発者向けのbeta 7、一般ユーザーが試用できるパブリックベータ 6が、それぞれダウンロードできる。

 macOS Sierra(OS X v10.12)はAppleが開発するMac向けのOSで、同社が6月に開催した自社イベント「2016 Worldwide Developers Conference(WWDC)」で発表された。iOSで提供済みの音声によるパーソナルアシスタント機能「Siri」が導入されるほか、「Apple Watch」と連動してスリープ状態から素早くMacのロックを解除できる「Auto Unlock」(自動ロック解除)、Appleの端末をまたいでテキストのコピーとペーストができる「Universal Clipboard」などが主要な特徴となっている。このほか、写真管理「Photos」、メッセージ「Messages」、ブラウザ「Safari」など各種アプリケーションやインターフェイスなども強化される。

 AppleはWWDCで開発者向けベータを、7月にパブリックベータを公開した。以来更新を続けており、1週間前にそれぞれのベータ版を更新したばかりだった。

 開発者向けのbeta 7、一般ユーザー向けのパブリックベータ 6はMac App Storeより入手できる。開発者は、developer.apple.comからもダウンロード可能だ。一般ユーザーがベータ版を利用するには、「Apple Beta Software Program」に登録が必要だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]