編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

Anniversary Update適用後の「Windows 10」で「Cortana」をオフにする方法

Ed Bott (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-08-23 12:30

 Microsoftは「Windows 10」初の大型アップデートとなる「Anniversary Update」(バージョン「1607」)で、仮想アシスタント「Cortana」の有効/無効を切り替えるオプションを削除した。しかし、Cortanaを無効化できなくなったわけではない。

 Anniversary Updateでも、検索ボタンや検索ボックスが必要ないのであれば、他の設定と同様に表示しないようにできる。それにはタスクバーを右クリックし、[Cortana]-[表示しない]を選択すればよい。

 ただ、このように設定しても、Windowsキーを押下後、キー入力を開始すればCortanaの全機能にアクセスできる。Cortanaの全機能を無効化し、ローカル環境上のアプリやファイル、設定の検索機能だけを使用したいのであれば、簡単ではあるがレジストリの編集が必要である。

 「Windows 10 Pro」や「Windows 10 Enterprise」を使用しているのであれば、「グループポリシー」を使用することで、企業ネットワーク上の複数のマシンに対して該当レジストリを設定できる。1台のPCに対しては、「ローカルグループポリシーエディター」(gpedit.msc)を起動して[コンピュータの構成]-[管理用テンプレート]-[Windowsコンポーネント]-[検索]-[Cortanaを許可する]を開き、[無効]を選択すればよい。

 「Windows 10 Home」を使用している場合は、レジストリを手作業で編集する必要がある。「HKLM\Software\Policies\Microsoft\Windows\Windows Search」というキーを探し(存在していない場合は作成する必要がある)、「AllowCortana」というDWORD値を作成し、その値を0にすればよい。

 いずれの場合でも、こうした設定の変更は、変更を実施したPC上のすべてのユーザーアカウントに適用される。

Cortanaがオンのとき(左)と、オフにした後(右)の画面
Cortanaがオンのとき(左)と、オフにした後(右)の画面

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]