編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
海外コメンタリー

25周年を迎えたLinuxの今と未来への提言--The Linux Foundationのゼムリン氏ら講演

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2016-08-26 06:00

 カナダ・トロント発--The Linux FoundationのエグゼクティブディレクターJim Zemlin氏は「LinuxCon」で「Linuxはあらゆる人の期待を上回る成長を遂げ、史上最も成功したソフトウェアプロジェクトとなっている」と述べた。同氏のこの言葉は的を射ている。

 「Android」搭載スマートフォンからスーパーコンピュータ、クラウド、自動車に至るまで、Linuxは常にさまざまな場所で稼働しており、オープンソース革命の申し子と言える存在になっている。

 Linuxカーネルに関する最新のレポート「Linux Kernel Development - How Fast It is Going, Who is Doing It, What They Are Doing and Who is Sponsoring the Work」(Linuxカーネルの開発--その開発速度と、誰が参加しているのか、何を行っているのか、誰が支援しているのか)では、Linuxがいかに急速に変化しているかが詳細に解説されている。同レポートによると、過去18カ月間で260万行近くのコードがLinuxカーネルに追加され、パッチは1時間に平均7.8回のペースで当てられていたという。

 2014年12月7日に「Linuxカーネル3.18」が公開されて以来、500社近くの企業に籍を置く5062人にのぼる開発者からの変更セットが11万5000件近くマージされている。これら開発者の数が多い企業の上位5社は上から順にIntelRed HatLinaroサムスンSUSEとなっている。また、大企業に勤める何千人という数の開発者が個人としてLinuxカーネルの開発に携わっている。

 とはいえ、カーネル開発の80%以上は、その作業に対価が支払われている開発者の手によるものであり、対価が支払われていない開発者の割合は、何年も前から徐々に低下してきている。同レポートの2012年版では14.6%だったが、2013年には13.6%、2014年は11.8%だった。そして今回のレポートが対象とする期間では7.7%にまで低下している。こうした低下の背景にはカーネル開発者の不足と、その需要の高さがある。Linuxカーネルのメインラインにマージできるような品質のコードを記述できる開発者は引く手あまたなのだ。

Linuxカーネルの主要開発者たちは、世界で最も影響力のあるプログラマーだ
Linuxカーネルの主要開発者たちは、世界で最も影響力のあるプログラマーだ。
提供:The Linux Foundation

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]