編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
日本株展望

米利上げは日本株に強材料か?

ZDNet Japan Staff

2016-08-30 11:00

 8月29日の日経平均は前週末比376円高の1万6737円となった。26日にイエレンFRB議長が講演で「利上げするのに必要な条件は整ってきている」と発言をしたことを受けて、1ドル102円台まで円安が進んだことが好感された。

 イエレン講演で利上げ時期を特定する発言はなかったので、利上げが9月か12月か見方が割れているが、年内利上げの確度は高まったと考えられている。

 楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏は、米利上げがあれば、円安→日経平均上昇となると予想していると話す。ただし、読者の方から「米利上げ→米国株下落・世界的に株安→日経平均も下落とならないか?」という質問を受けているという。

 今回は、米利上げがあった場合に、日本株にどういう影響が及ぶかを解説する。

過去を見ると米国が利上げする時期に日本株は上昇

米国FFレートと日経平均の推移:1990年12月~2016年8月

(出所:ブルームバーグより楽天証券経済研究所が作成)
(出所:ブルームバーグより楽天証券経済研究所が作成)

 過去の米国FFレート(政策金利)誘導水準と、日経平均の動きを見ると、以下の傾向が読み取れる。

  • 米利上げ(FFレート誘導水準の引き上げ)が行われる時に、日経平均は上昇していることが多い。
  • 米利下げ(FFレート引き下げ)が行われる時は、日経平均は下がっていることが多い。

 過去の動きだけから見ると、米利上げは日本株に強材料と見られる。米利上げは、米国株や世界の株式にとっては悪材料だが、日本株にとっては、やや事情が異なる。

 米利上げは、米景気が好調なときに実施されることが多く、また、米利上げは円安(ドル高)につながりやすいといえる。米景気が好調な中、円安が進めば、日本の企業業績が拡大し、日経平均が上昇しやすくなるからだ。

 逆に、米景気が悪化する時に利下げが行われることが多いと言える。リーマンショックの時(2008年)など、緊急利下げが行われるときは、円高が進み、日経平均は急落している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]