編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
VMWorld

IBMとの提携強化--自由と管理の両立をテーマにVMworld開幕 - (page 4)

末岡洋子

2016-08-30 16:37

マルチクラウド環境の課題に答えるCross Cloud Servies

 “自由と管理”の鍵を握るといえるのが2つ目のコンポーネント、Cross Cloud Servicesだ。プライベート、パブリッククラウド(AWS、Azure、SoftLayer)にあるアプリケーションの管理、ガバナンス、セキュリティ対策ができるSaaSとなる。クラウドの利用やコストなどの状況を把握できるようになり、さまざまなクラウド上で一貫性のあるネットワークとセキュリティ対策を講じることができる。

 さらには、実装の自動化、そしてvSphereと非vSphereのプライベートとパブリッククラウドの間でアプリとデータのマイグレーションを管理できるという。「われわれが構築してきたエコシステムだから可能なサービス。ブレークスルーのイノベーションだ」とGelsinger氏は胸を張った。

Cross Cloud ServicesはVMware Cloud Foundationと非VMwareのクラウド(パブリッククラウド)をまたいだ管理が可能になる。
Cross Cloud ServicesはVMware Cloud Foundationと非VMwareのクラウド(パブリッククラウド)をまたいだ管理が可能になる。

 Cross Cloud Servicesは同日、技術プレビューを発表した。ステージ上では、同社でネットワークとセキュリティ担当の最高技術責任者(CTO)、Guido Appenzeller氏がCiti Group、Columbia、Johnson&Johnsonといった顧客を招きながら、顧客の課題に答える形でデモを披露してみせた。

 例えば、パブリッククラウドに対してネットワーク仮想化やマイクロセグメンテーションを行ったり、ワークロードをパブリッククラウドとプライベートクラウドの間でマイグレーションし、クローン化して実装するなどのことを行った。

VMwareのGuido Appenzeller氏
VMwareのGuido Appenzeller氏
Cross Cloud Servicesの技術プレビュー版をデモ。アプリのクローンをパブリッククラウドに実装した。
Cross Cloud Servicesの技術プレビュー版をデモ。アプリのクローンをパブリッククラウドに実装した。

 「(Cross Cloud Serviecsは)オンプレミスでわれわれがずっとやってきたのと同じこと。ヘトロジニアスのネットワーク、ストレージ、コンピューティングのハードウェアでVMwareはワークロードのマイグレーションを可能にする技術を提供してきたが、クラウドでもこれを実現する」とAppenzeller氏は、新しいVMwareの役割を表現した。

 「ITは自分の専門知識を活用し、組織をパブリッククラウドに移行するのをけん引できる」と続けた。

 Cross Cloud Servicesの正式な製品の登場については明らかにしていない。

VMwareの全体のビジョン。「Any Cloud、Any App、Any Device」となり、初日の基調講演はAny Cloudの部分となる。
VMwareの全体のビジョン。「Any Cloud、Any App、Any Device」となり、初日の基調講演はAny Cloudの部分となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]