編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

HPEがVerticaの最新バージョンをリリース、Haven OnDemandの機械学習機能も強化

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-08-31 11:00

 Hewlett Packard Enterprise(HPE)は米国時間8月30日、同社のアナリティクスソフトウェア「Vertica」の最新バージョンをリリースした。また、機械学習プラットフォームである「Haven OnDemand」にも新機能を追加した。

 Verticaは行やフィールドなどを持つ構造化データのアナリティクスに特化したソフトウェアだ。今回リリースされた最新バージョン「Vertica 8」(コードネーム「Frontloader」)では、統一アーキテクチャとデータベース内アナリティクス機能が導入された。

 HPEによれば、Vertica 8はオンプレミス、プライベート、パブリックの各クラウドや、Hadoopのデータレイクなど、分散している複数の情報サイロに存在するデータからインテリジェンスを抽出できるように設計されている。

 Verticaのデータベース内機械学習アルゴリズムを使用すれば、Vertica内で直接Rベースの機械学習モデルを作成して、展開することができる。Vertica 8はまた、「Amazon Web Services」と「Microsoft Azure」の両方に最適化されており、「Amazon S3」のデータに対するアクセスもサポートされている。

 さらにHPEは、Vertica 8のデータ移動とオーケストレーションの処理を改善したことにより、数十万カラム規模のデータの読み込みが、従来比で700%高速化されたと述べている。

 HPEは同時に、先進的な機械学習APIを提供するクラウドプラットフォーム「Haven OnDemand」の新たなコンポーネントである、「Haven OnDemand Combinations」の発表も行った。

 HPEによれば、このコンポーネントの特長は、アプリに素早くインテリジェンス機能を追加できることだ。Haven OnDemand Combinationsには、あらかじめ一連のコグニティブサービスが用意されており、ドラッグアンドドロップインターフェースで簡単に複数の機械学習APIをつなぎ合わせて、そのコードを直接開発中のプロジェクトにコピーアンドペーストできるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]