編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら
日本株展望

米国で半導体関連株が上昇

ZDNet Japan Staff

2016-08-31 12:07

 8月30日の日経平均は前日比12円安の1万6725円だった。1ドル102円台まで円安が進んでいることから下値は堅くなってきているが、9月2日に8月の米雇用統計の発表を控えており、積極的に買い上がるも出にくくなっている。米雇用統計が利上げを後押しするものになるか注目されている。

 今回は最近の話題として半導体業界の近況について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏が解説する。

米国で半導体関連株が上昇

 2016年に入り、世界的に半導体産業が活気付き、米半導体株指数の上昇が加速している。

米半導体株価指数(SOX指数)の動き:1996年3月末~2016年8月29日

米半導体株価指数(SOX指数)の動き:1996年3月末~2016年8月29日
(出所:ブルームバーグ)

 上のグラフをご覧いただきたい。(1)はITバブル時の高値、(2)はITバブル崩壊後の安値、(3)はリーマンショック後の安値を示している。

 リーマンショック後、米半導体株価指数は順調に回復基調をたどってきたが、2016年に入り上昇が加速している。今年の値動きをもう少し詳しく見ると以下の通りとなる。

2016年の米SOX指数とNYダウの動き比較:2015年末~2016年8月29日

2016年の米SOX指数とNYダウの動き比較:2015年末~2016年8月29日
(注:2015年末の値を100として指数化、楽天証券経済研究所が作成)

 7月以降、日本と同様にアメリカでも景気敏感株の上昇が目立っている。そうした流れの中で半導体株価指数がNYダウを上回る動きとなっている。

日本でも半導体関連株の上昇が目立つ

 世界的に半導体需要が拡大する流れを受け、日本でも久々に半導体関連株の上昇が目立つ。以下をご覧いただきたい。

半導体関連株の2016年の騰落率:2015年末~2016年8月30日

半導体関連株の2016年の騰落率:2015年末~2016年8月30日
(注:楽天証券経済研究所が作成)

 上の表をご覧いただきたい。2016年は、円高が進み、日経平均が下がっている。ドルが円に対して14.9%下落(円高になっていること)しているが、円高を受けて日経平均は12.1%下がっている。

 ところが、円高がマイナスになる輸出企業の中に2016年に株価が上昇しているものがある。半導体関連株だ。

 信越化学(4063)は半導体材料(シリコンウエハ)で世界トップの競争力がある。シリコンウエハの拡大と米国塩ビ事業の好調を受けて、2016年に株価が13.5%上昇している。

 東芝(6502)は、さまざまな事業で競争力を失い、財務にも問題があるので、投資対象とするには不適切と考えられる。ただ、スマホなどに使われる記憶用の半導体であるフラッシュメモリでは高い競争力を持つ。スマホ向け需要拡大でフラッシュメモリは当面、好調に推移しそうだ。

 半導体製造装置の受注が増加していることから、日米で半導体製造装置メーカーの株価上昇が目立っている。半導体製造装置に加え、今後、スマホでの採用拡大が期待される有機EL製造装置の受注が伸びていることが株価上昇の材料となっている。

 株式市場のテーマとして「半導体関連」は今年後半に向けて期待できるだろう。ただし、上記リストに挙げた銘柄は、推奨銘柄として掲載しているわけではない。半導体業界の状況を説明するために参考として掲載している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]