編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

Dropbox、2012年のハッキング被害で流出したアカウント情報は約6800万件か

Laura Hautala (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2016-09-01 08:51

 Dropboxが2012年にハッキングされたとき、どれだけのアカウント情報が流出したのだろうか。複数の報告によると、約6800万件だったという。

 Dropboxは2012年、ハッカーが同社の社内システムに侵入し、ユーザーの電子メールアカウントのリストにアクセスしたことを公表した。しかし、そのリストにパスワードが含まれていたとは述べなかった。

 現在、Motherboardや、セキュリティ専門家のTroy Hunt氏、オンラインの流出情報を追跡するLeakedSourceがそれぞれ、Dropboxから流出したアカウント情報を独自に確認した結果を報告している。それによると、アカウント情報には、電子メールメールアドレスと暗号化されたパスワードが含まれている。

 Dropboxのセキュリティ責任者であるPatrick Heim氏は声明で、ユーザー名とパスワードが2012年半ばのものであることを認めた。同社はその当時からパスワードを変更していないすべてのユーザーに対し、パスワードを変更するよう求めてきたという。

 「先週完了したパスワードリセットにより、影響を受けたすべてのユーザーは保護されている」とHeim氏は述べた。

 Heim氏はさらに、Dropboxと同じパスワードを他のアカウントでも使用していないか確認するよう、ユーザーらに呼びかけている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]