編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

SAP、次世代データウェアハウス「SAP BW/4HANA」を発表

Larry Dignan (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-09-01 11:23

 SAPが自社インメモリデータベース「HANA」のみで動く「Business Warehouse」のバージョンとなる「SAP BW/4HANA」を発表した。

 HANAのみに限定するという動きは、SAPが2014年に「S/4 HANA」で行ったのと同じもので、HANAプラットフォーム上で動く最新のEビジネススイートに顧客を移行させるというのが狙いだ。その結果、SAPについていくことを選択した顧客はOracleなど他のデータベースから移行しなければならない。

 SAP BW/4HANAは、データウェアハウス市場でのシェア拡大を狙ったものだ。Amazon Web Services(AWS)上で利用できるほか、SAPによるマネージドクラウドサービスとしても提供される。AWS以外のパブリッククラウド上で利用できるようにする計画もあるという。

 SAPでデータ管理とクラウドプラットフォームマーケティング担当バイスプレジデントを務めるKen Tsai氏は、BW/4HANA向けに複数のクラウドを提供する計画だと述べた。今後もSAPはBusiness Warehouseで複数のデータベースをサポートするが、HANAのみに限定することでアーキテクチャを簡素化し、さらなる機能も提供できるとメリットを説明した。

 Tsai氏によると、Business Warehouseの顧客数は1万5000社を数え、そのうちの3700社がすでにHANA上で動かしているという。「大規模なインストールベースを考慮すると、BW/4HANAの立ち上がりは速いだろう。BW/4HANA採用を促すプロモーションを積極展開し、顧客にとって魅力的な選択肢にする」とTsai氏は続けた。

 BW/4HANAの主な機能は以下の通りだ。

  • SQLデータロジックとSAP S/4HANAからのネイティブな情報を組み合わせたHANAビュー
  • インメモリによる高速なパフォーマンス
  • 再設計されたユーザーインターフェイス
  • データの自動パーティショニング
  • 統一されたデータロード管理
  • レガシーシステムでもデータレークでも格納場所を問わずにデータを利用できる

BW/4HANAのユーザーインターフェース

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]