編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら

マネーフォワード、会計ソフトに機械学習による勘定科目提案機能を搭載

NO BUDGET

2016-09-07 07:00

 マネーフォワードは8月30日、クラウド型会計ソフト「MFクラウド会計」およびクラウド型確定申告ソフト「MFクラウド確定申告」において、自動仕訳の精度向上を目指し、機械学習を活用した「勘定科目提案機能」をバージョンアップしたと発表した。

バージョンアップ
「勘定科目提案機能」をバージョンアップ

 これまでこの機能では、自動取得した銀行口座やクレジットカード明細などのそれぞれの取引内容に応じて自動仕訳ルールを設定することにより、ルールにもとづいた勘定科目提案が実施されてきた。しかし、初めて利用するユーザーや、年間を通じて利用頻度が少ないユーザーなど、自動仕訳ルールの設定をしていないユーザーは、取引ごとに勘定科目を手動で選択する必要があった。

 それに対し今回のバージョンアップ後は、マネーフォワードが有するビッグデータ(自動取得したデータから作成した仕訳)に基づいて機械学習による勘定科目提案のため、初めて利用するユーザーでも、ほぼ全ての取引に対してより精度が高い自動仕訳を可能にするという。

雲のマークがついている
勘定科目には、雲のマークがついている
仕訳として登録される
提案された勘定科目で問題が無ければ、登録ボタンを押すと、仕訳として登録される

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]