「日本産量子コンピュータ」の勝算--量子アニーリング理論の可能性(4) - (page 2)

吉澤亨史 山田竜司 (編集部) 2016年09月15日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

--量子アニーリング分野の展望は。

大関氏 まずは啓発ということになると思います。こんなことができる、あんなことができると言うだけでなく、実際に示していくことが次のフェーズだと思っています。

 私はどちらかというと日本では量子コンピュータなど、ハードは開発し続けない方がいいと思っていました。大変な手間がかかるので。D-Wave Systemsがおり、米国、カナダが投資し続けていて、もう勝てないと思ったのです。

 でも、意外にそうではないのですね。まだまだ克服するべき問題はあるし、得手不得手もある。その意味で全く異なるキャラクターを持つマシンが登場しても、開発しても良い。群雄割拠の時代というわけです。

 D-Wave Systemsも何に量子コンピュータを使えばいいのか、実はよくわかっていなくて、量子コンピュータの使い方に関する研究を公募していたりします。先ほどの田中さんの「量子アニーリングのマシンを何に使えばいいか思いつく人はすごい」という話がまさにそうで、研究者だけではなくて多くの人たちが議論をしていく段階だと思います。


 そして量子アニーリングは「どこまでできるのか」という限界を知ることも重要だと思います。そのために多くの人が興味を持って参画してくれたらいいなと思います。機械学習に利用するというのも、ある種の苦肉の策です。最適化問題を解くには、問題が残っている部分がある。

 しかし良い解をたくさん出力することができると考えたら、良いマシンじゃないか、と考えて、機械学習に必要な解の試し打ち、サンプリングという技術に転用しました。幅広くさまざまな問題を知っていて、それにつなげていく知恵を持った人材が必要とされる時代です。

 機械学習への適用の仕方もまだまだ未成熟です。変わった使い方をする人が現れるかもしれない。それを楽しみにする部分もありますが、自分たちがやるところはそういう応用分野なのかな、と思っています。

 そもそもなぜ量子力学を使うのかというと、普通のコンピュータでは真似ができないからです。でも、すでに話したように真似できる領域は結構広いわけです。繰り返しになりますが、量子アニーリングでは解の探索に「横磁場」と呼ばれる方法を利用しますが、それ以外の「多様な量子揺らぎ」を利用する。

 それが普通のコンピュータ、デジタルコンピュータによるシミュレーションでも利用可能というわけですから、量子アニーリングを模したアルゴリズムも、さらなる意外な性能を持つ可能性がまだまだあります。この「多様な量子揺らぎ」を使う有効性についても、日本人の研究者が最初に示しました。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算