日本株展望

2つの顔を持つ中国--中国経済の何が問題か?

ZDNet Japan Staff 2016年09月07日 13時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月6日の日経平均は44円高の1万7081円だった。9月21日に日銀金融政策決定会合、22日にFOMC(米金融政策決定会合)の結果発表を控え、小動きとなった。日米金融政策がどう動くか、あるいは動かないか、それを受けて為替がどう動くか注目されている。

 6日海外市場では円高が進んだ。この日発表の8月の米ISM非製造業景況指数が51.4と、事前予想以上に低下したことから、9月の米利上げは難しいとの見方が広がり円高となった。9月7日の日本時間午前6時現在、1ドル101.99円となっている。円高を嫌気して、6日のCME日経平均先物(9月限)は、1万6945円となった。

 読者の皆様から「中国バブルはいつ崩壊するか?」という質問をよく受ける。今回は、中国経済について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

上海株はようやく落ち着いた値動きとなってきている

上海総合株価指数の推移:2013年末~2016年9月6日

上海

 2015年は上海株の乱高下が、世界の金融市場のかく乱要因となった。上海株が急落していた2015年6月~2016年1月末まで、中国バブル崩壊懸念が、世界の金融市場にとって重大なリスク材料として意識された。2016年2月以降は、落ち着いた動きとなっている。最近は、値動きが小さく、世界の金融市場を動かす材料とはなっていない。

 上海株市場は中国政府によって人為的に操作されていることにより、動きが荒くなった。上海総合株価指数の動きが、必ずしも中国経済の実態を表しているわけではない。

 2014年9月~2015年7月に上海株は急騰しているが、中国経済の実態を表していない。中国政府が上海株の吊り上げをねらって、市場操作を行ったことが影響している。2015年に入ってから中国経済に失速の兆しが出ていたので、2015年の前半は、経済実態と正反対の株価急騰となっていた。

 2015年後半は、上海株が急落している。これには、2つの意味がある。人為的に吊り上げられて株式市場が反動で急落した面と、中国経済が2015年末にかけて失速したこと両方を表した動きとなっている。

 2015年末の経済悪化を嫌気して、1月に上海株はさらに急落した。1月は上海株ショックが、世界的な株安のきっかけとなった。

 ところが、上海株はその後、持ち直した。一段と悪化すると懸念された中国経済が、意外にも2016年に入ってから持ち直してきたからだ。中国政府が、社会不安を起こさないように、公共投資を増加させているとの観測がある。足元の中国景気は、鈍いながらも徐々に回復色が出てきているところだ。

 2015年10~12月に悪化した日本企業の中国事業も、2016年に入ってから回復しつつある。

中国経済の何が問題か?

 中国は、1980年代に社会主義国の体制を維持したまま、資本主義革命を実施した。その成果で、1980年代以降、高成長国となった。社会主義にとどまった国々(旧ソ連・旧東ドイツ・北朝鮮など)がことごとく経済的に崩壊する中で、中国は社会主義体制の中にうまく資本主義を取り入れて、事実上の資本主義国として高成長した。

 その結果、中国は、極端な資本主義と、社会主義が共存する異形の大国となった。社会主義の旧弊は、「計画経済」という言葉に集約される。何でも国の計画通りに動かそうとするところに無理が生じている。

 中国は、経済を力ずくで思い通りに動かそうとする。これだけ経済規模が大きくなったのに、いまだに金利や為替を自由化していない。為替取引も制約されている。日本企業は、中国で稼いだお金を中国国外へ自由に持ち出すことができない。貿易や為替取引を規制することによって、中国政府は人民元の対ドルレートを管理下に置いてきた。

 中国はGDPまでも計画通りに動かそうとする。リーマン・ショックの直後、4兆元(約78兆円)の公共投資を実施して、強引にGDP目標を達成した。ただし、この時に行った非効率な投資の後処理に中国は今でも苦しんでいる。地方に林立するゴーストタウン(ほとんど誰も住んでいない高層マンション群)が負の遺産として残っている。

 今は、GDPを急激に持ち上げるのではなく、安定的に成長させることを目指して、公共投資をコントロールしている模様だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]