編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
日本株展望

なかなか晴れない米景気の霧、9月利上げの可能性は低い

ZDNet Japan Staff

2016-09-08 11:31

 9月7日の日経平均は69円安の1万7012円だった。9月の米利上げはないとの見方が広がり、一時1ドル101.20円まで円高が進んだが、その割には日経平均の下げ幅は小さかったと言える。

 7日は、日銀が日本株の上場投資信託(ETF)大口買いを出しており、それによって下値が支えられた可能性がある。日銀は毎営業日購入している新型ETF12億円のほかに、733億円の大口買いを入れている。

 9月8日の日本時間午前6時現在、為替は1ドル101.72円となっている。7日のCME日経平均先物(9月限)は、1万6970円だった。

 今回は、米利上げの時期について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

なかなか晴れない米景気の霧、9月利上げの可能性は低い

 米景気は本当に回復しているのだろうか? 8月のISM景況感指数を見ると疑問が生じる。

米ISM景況感指数の推移:2014年1月~2016年8月

ISM景況感指数の推移:2014年1月~2016年8月
(出所:米ISM供給管理公社)

 製造業の景況感指数は49.4と景況感の分かれ目である50を割り込んだ。好調が続いていた非製造業の景況感指数も、8月は51.4と大幅に低下した。

 8月26日にFRBのイエレン議長とフィッシャー副議長が利上げに前向きな発言をして以降、「9月21日にも利上げがあり得る」との見通しが一部に広がっていたが、8月の景況感指数で冷や水を浴びせられた形となった。

 8月の米雇用統計も期待を下回る内容だったため、常識的に考えると9月の利上げはないと考えられる。

いつ利上げが可能になるか?

 9月20~21日の金融政策決定会合(FOMC)で利上げがなければ、FOMCは年内では残り2回(11月1~2日、12月13~14日)となる。大統領選のある11月に利上げは難しいので、12月利上げが最有力候補となる。

 窪田氏は12月に利上げが実施されると予想しているという。足元、米景気の回復力は鈍いものの、それでも年後半にかけて米景気・企業業績のゆるやかな回復が続くとの見方は変わらない。

 原油価格の持ち直しで石油関連産業の収益が回復すること、半導体やIT産業などが循環的に回復局面に入っていることなどが追い風となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]