編集部からのお知らせ
新着 記事まとめPDF「データセンター分散化」
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」

IBM、「POWER8」搭載のLinux新システムを発表--HPCやビッグデータ向け

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-09-09 10:26

 IBMは米国時間9月8日、高速なデータ転送を実現する最新の「POWER8」プロセッサを搭載した、「OpenPOWER」ベースのLinuxサーバシステムを新たに3機種発表した。

 IBMがPOWER8プロセッサを推進していくうえで、OpenPOWER Foundationというコミュニティーが重要な存在となっている。同コミュニティーには、x86ベースに偏りがちなサーバ製品との均衡を取るために多くの企業が参加している。

 IBMが今回発表した新システムは、人工知能(AI)やアナリティクス、深層学習といったワークロードに狙いを定めている。これらのシステムはLinuxを搭載した「Power System」のLCファミリを拡充するものだ。

 最上位モデルの「Power System S822LC for High Performance Computing」は、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)を目的としたサーバであり、POWER8プロセッサとともに、NVIDIAの「NVIDIA Pascal GPU」アーキテクチャをベースにしたGPUである「NVIDIA Tesla P100」を搭載している。またこのモデルには、GPU間の高速な双方向接続を実現する「NVIDIA NVLink」も搭載されている。IBMによると、同社とNVIDIAのテクノロジを組み合わせることで、データの転送速度がx86ベースのシステムに比べて5倍高速化されるという。

 同モデルは、ある大規模小売企業と、米国エネルギー省管轄のオークリッジ国立研究所(ORNL)で既に検証され、受注済みとなっている。ORNLのシステムは、同研究所のスーパーコンピュータ「Summit」用のアプリケーション開発環境として利用される予定だ。なおSummitは、IBMがORNLから受注して開発しているシステムであり、2017年に納入する予定だ。

 IBMは同モデルに加えて、「Power System S821LC」と「Power System S822LC for Big Data」を発表している。これらのモデルでも、NVIDIAのテクノロジとの緊密な連携とともに、FPGAアクセラレータを用いた高速相互接続が実現されている。

 Power System S822LC for High Performance Computingは9月26日より出荷予定であり、その他のシステムは既に販売が開始されている。


提供:IBM

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]