有料クラウドストレージサービスの顧客満足度調査でBoxがAWSやマイクロソフトを上回る

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-09-16 11:10

 クラウドストレージ戦争に新たな展開があった。J.D. Powerの「2016 Cloud Storage Satisfaction Report」(2016年クラウドストレージ満足度調査)で、Boxが首位を獲得した。

 レポートでは、Boxが有料クラウドストレージサービスプロバイダのランキングでトップに位置づけられており、特に価格、ストレージ容量、機能の豊富さ、ファイルのダウンロードおよびアップロードの速度、セキュリティなどの項目で高得点を上げている。

 これはBoxにとってよい宣伝材料になるだろうが、必ずしも圧勝だったとは言えない。J.D. Powerのランキングでは、Boxのスコアは1000点満点中の879点だった。

 Microsoftの「OneDrive」は872点の僅差で2位につけ、3位の「Amazon Web Services」のスコアは870点だった。「Dropbox」は858点のスコアで4位に入り、5位はAppleの「iCloud」で846点だった。Googleは上位5位までにランクインしなかった。


提供:J.D. Power

 レポートによれば、顧客が特定のクラウドストレージベンダーを選択した理由として挙げることが多かったのは、使いやすさ、ブランドの評判、幅広いデバイスと同期できる機能、提供されているストレージの量だった。

 J.D. Powerでシニアディレクター兼通信、メディア、テクノロジ担当プラクティスリーダーを務めるKirk Parsons氏は、「クラウドストレージプロバイダは、アクセスしやすく、さまざまなデバイスやプラットフォームで利用でき、消費者が妥当だと思う価格のサービスを提供することが重要だ。これらに加え、継続的に新しいサービスをやアップグレードを提供しているプロバイダは、顧客の満足感、ロイヤルティ、再購入の意向を高める上で有利になる」と述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]