編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

有料クラウドストレージサービスの顧客満足度調査でBoxがAWSやマイクロソフトを上回る

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-09-16 11:10

 クラウドストレージ戦争に新たな展開があった。J.D. Powerの「2016 Cloud Storage Satisfaction Report」(2016年クラウドストレージ満足度調査)で、Boxが首位を獲得した。

 レポートでは、Boxが有料クラウドストレージサービスプロバイダのランキングでトップに位置づけられており、特に価格、ストレージ容量、機能の豊富さ、ファイルのダウンロードおよびアップロードの速度、セキュリティなどの項目で高得点を上げている。

 これはBoxにとってよい宣伝材料になるだろうが、必ずしも圧勝だったとは言えない。J.D. Powerのランキングでは、Boxのスコアは1000点満点中の879点だった。

 Microsoftの「OneDrive」は872点の僅差で2位につけ、3位の「Amazon Web Services」のスコアは870点だった。「Dropbox」は858点のスコアで4位に入り、5位はAppleの「iCloud」で846点だった。Googleは上位5位までにランクインしなかった。


提供:J.D. Power

 レポートによれば、顧客が特定のクラウドストレージベンダーを選択した理由として挙げることが多かったのは、使いやすさ、ブランドの評判、幅広いデバイスと同期できる機能、提供されているストレージの量だった。

 J.D. Powerでシニアディレクター兼通信、メディア、テクノロジ担当プラクティスリーダーを務めるKirk Parsons氏は、「クラウドストレージプロバイダは、アクセスしやすく、さまざまなデバイスやプラットフォームで利用でき、消費者が妥当だと思う価格のサービスを提供することが重要だ。これらに加え、継続的に新しいサービスをやアップグレードを提供しているプロバイダは、顧客の満足感、ロイヤルティ、再購入の意向を高める上で有利になる」と述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]