編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

鹿島建設、次期会計システムに“人工知能型”ERPを採用--会計業務の生産性向上を目指す

NO BUDGET

2016-09-20 07:30

 大手総合建設会社の鹿島建設(港区)は、人工知能を搭載した統合基幹業務システム(ERP)「HUE」を次期会計システムに採用した。データ入力の多い会計業務で入力作業を極力減らし、データの正確性と業務スピード向上の両立を目指す。

 鹿島建設は、次期会計システムの更新検討に際し、情報処理基盤の刷新を図り、技術動向を踏まえたシステム導入が不可欠と認識していた。また、稼働後の運用保守と機能改善などを考慮して、可能な限り追加開発せずに導入できることを望んでいた。

 HUEを導入することで、データ入力の手間を極力減らし、データの正確性と業務の迅速化を両立させようとしている。具体的には、過去の伝票内容から入力すべき情報を提案したり、膨大な請求書データの入力業務を自動化したりすることで、業務の生産性向上が期待できる。

 今後は、自社の経理業務の高度化のみならず、グループ会社との協働、連携の仕組みも整備して、グループ経営基盤のさらなる強化を目指すとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]